News ニュース

本田翼&町田啓太共演のラブコメ「嘘から始まる恋」が放送! 山本舞香、神尾楓珠も出演2021/06/22

 日本テレビ系では6月27日に、本田翼主演、町田啓太共演によるスペシャルドラマ「嘘から始まる恋」(午後11:00)を放送する。さらに、Huluでは、地上波放送終了後からオリジナルストーリーとして、地上波では描かれなかった“隠されたうそ”や“恋のその後”を盛り込んだ「嘘つき達のホンネ編」を配信予定。

 同作は、今年1月に同局で放送し、「キュン初めした」とSNSでも話題になった「アプリで恋する20の条件」に続き、主演・本田翼×恋愛映画の名手・新城毅彦監督が贈る新感覚のラブコメディー。一見正反対な、“うそ”から始まる恋を信じられなくなった女女性・葛西莉子(本田)と、自分に“うそ”をつかないと恋を始められない男・鴨下淳之介(町田)の、うそから始まる真実の恋をとびきり明るく描く。

 主人公の莉子は、青森出身で10年交際し婚約していた元カレに、うそをつかれ失恋。自分を幸せにしてくれる人を見つけるために上京する。本田は「今回の作品は、ささいなうそから大きなうそまで、いろいろなうそがつまっている男女の本音が描かれているラブコメディーです。ナンパの出会いから始まり、リモートで再会し恋愛にスイッチしていくさまを個性豊かなキャラクターで描いています。私はうそをつかれ、うそに疲れ果てた莉子という青森出身の、少しおっとりした雰囲気の女性を演じさせていただきます」と物語と役柄を説明。

 続けて「夜11時から放送ということで、皆さんのお休み前の“笑い”のお供になれればうれしいです。笑いあり、胸キュンあり、そして心に刺さる感動あり。さまざまな感情をしっかり表現していきたいと思います」と意気込みを語る。

 町田が扮(ふん)する淳之介は、大手商社勤務でルックスはいいが、上から目線で口が悪い。ナルシストなキャラクター。町田は「ラブコメディーということで、特有のおかしみを役を通してどれだけ出していけるかなど、今回の撮影ではまた新たな挑戦をさせていただきます。淳之介は、僕自身は友達になれないかな(笑)というくらい、イラッとするキャラクター性ですが、見てくださる皆さんにはイラッとしながらも笑って楽しんでもらえるように演じたいです」と役作りに触れ、「今まで演じさせていただいたキャラクターの中でも、より濃く、様子のおかしいキャラクターになるのではないでしょうか。共演者・スタッフの皆さんと一緒に、楽しい作品を作り上げられればと思います。見ていただける皆さんにはとにかく笑って見ていただきたいです」とメッセージを寄せている。

 また、自称・カリスマショップ店員である東京在住の莉子の従妹で、上京した莉子を部屋に住まわせる篠原友里を山本舞香、淳之介の大学の後輩で人当たりのいいナンパが上手のイケメン・泉晴彦を神尾楓珠が演じる。

 山本は「前回出演させていただいた『アプリで恋す20の条件』に続き、今回もとてもリアリティーあふれる内容になっていて、とても楽しみです。みんなで“オンライン人狼ゲーム”をやる演出も、すごくリアルで皆さんに共感していただけると思います! 本田翼さんと再び共演させていただき、お話をしていても波長が合う感じで、今回は従姉妹の役柄なので2人のシーンも多くて掛け合いが楽しみです」と期待を寄せる。

 さらに「(演じる)友里は強気な性格だけど、とても共感できる女の子で、かわいらしいところもあるので地上波と合わせてHuluオリジナルストーリーも見ていただきたいです。また、“カリスマショップ店員”ということで、かわいいファッションにもぜひ注目していただきたいです。皆さんも経験したことのある“うそ”が物語の中でどう展開していくか、楽しみながら見ていただきたいです」とアピールする。

 そして「ラブコメディーの作品はこれまで学生役が多かったのですが、今回初めて社会人を演じるので新鮮な感覚です!」と声を弾ませる神尾は、「(泉晴彦は)典型的な軽い役ですが、僕個人としては好きなキャラクターなので、見てる皆さんにもただの軽いヤツではなく、愛されるキャラクターになるように演じたいと思います。4人の関係性や人狼ゲームのシーンも、すごくエンターテイメント性がある作品だと思うので、楽しんで見ていただけたらうれしいです」と張り切っている。

 同作の主題歌は、5人組男性アーティスト・Da-iCEの新曲「Lights」に決定。挿入歌として「Love Song」も起用される。「Lights」は、メンバーの工藤大輝が作詞を手掛けた歌詞と、それらの言葉に優しく息吹を吹き込むようなツインボーカルによって、すべての人々へ勇気を与えられるような楽曲となっている。

 そして今回、莉子の元カレ・正史役で、Da-iCEのパフォーマーであり俳優としても活動する岩岡徹が出演。10年付き合った莉子に“うそ”をつき婚約破棄をしてしまう正史。正史と破局したことで、莉子が青森から東京へ上京。新たな恋が始まるきっかけとなる。

 岩岡は「このたび主題歌、挿入歌として携わることができ光栄に思います。物語のスピード感や感情、そして見てくださる皆さんに楽曲たちが寄り添えたら何よりです。また僕自身も少しだけ出演させていただきました。数年ぶりに新城監督の下、お芝居させていただける喜びと同時に、初めての津軽弁という不安が入り混じっておりましたが、楽しく撮影させていただきました。ぜひともご覧いただけたらうれしいです」と呼び掛ける。

 楽曲を手掛けた工藤は「光と闇、ネガとポジなど相反する事柄を共に受け入れて、それらを一つにしようというメッセージを込めて作詞しました」と曲に込めた思いを明かしている。

 

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.