News ニュース

「ハコヅメ」息ぴったり三浦翔平&山田裕貴、西野七瀬がクランクイン2021/06/22

 日本テレビ系で7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(水曜午後10:00)で、刑事課捜査一係の刑事ペアを演じる三浦翔平&山田裕貴と、捜査一係の紅一点刑事を演じる西野七瀬がクランクインを迎えた。

 ドラマの原作は「モーニング」(講談社)で連載中で、シリーズ累計発行部数140万部を突破した元警察官の著者・泰三子氏によるコミック「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」。訳あり元エース刑事・藤聖子(戸田恵梨香)と天然新人・川合麻依(永野芽郁)の最強ペアが繰り広げるリアルな交番エンターテインメントだ。突然ペアを組むことになった2人が、助け合い、支え合い、事件に、雑務に、恋(!?)に奮闘。凸凹交番女子ペアを通して、身近なようで意外と知らないお巡りさんの、笑いあり涙ありのリアルな日常が明らかになる。

 源誠二役の三浦と山田武志役の山田の初日の撮影は、2人が犯人を捕まえるために覆面パトカーを走らせ、サイレンにテンションが上がりまくりの源に山田がツッコむシーン。コンビネーションは初日から抜群で、藤&川合ペアに負けないくらいだ。この先、2人が魅力的なバディになっていくことを予感させた。

 炎天下の屋外での数時間に及ぶ初日の撮影を終え、メーキングのカメラマンから、「本日クランクインです!」との声がかかると、拍手をして盛り上げる三浦に対し、狂喜乱舞して撮影しているカメラの枠外へと出てしまう山田。そんな山田を見て、「(そんな動きをすると)撮影の枠から出ちゃうから。何年俳優をやってるのよ(笑)」と三浦が冷静にツッコむ場面も。

 さらに、三浦が山田にクランクインの感想を尋ねると、山田は「今みたいに、枠に収まらないくらいのドラマになったらいいなと思います(笑)」と三浦のツッコミを受けたコメントをし、三浦も負けじと「この夏は暑いから、セットにハコヅメになりそうです」とタイトルにかけた返答。

 「うまいこと言いますね」と笑顔を見せる山田が「(同系の演芸番組「笑点」の)山田くんだったら、ここで座布団1枚! あ! 俺、山田くんだ! 座布団1枚持ってきます」とおどけると、三浦は「持ってこなくていいよ。また撮影の枠を出ちゃうから(笑)」とたしなめ、撮影初日早々ぴったりと息の合った2人の掛け合いに、現場は終始笑いが絶えないクランクインとなった。

 一方、牧高美和役の西野の最初の撮影は、町山警察署の屋上で、警察官たちが身に着けている装備品の状態や動作の確認をする通常点検のシーン。緊張感の中、一糸乱れぬ動きで警察手帳や手錠などの装備品を出すという、警察官の姿を描く「ハコヅメ」ならではの特徴的な場面だ。

 炎天下の屋外での数時間に及ぶ初日の撮影を終え、クランクインの感想を聞かれた西野は、「長時間の撮影で、キャストの皆さんがたくさんいる中でのスタートだったので、現場の空気に慣れる時間を過ごせたかなと思います。衣装で着けていた装備品の重さを感じながら、クランクインしたんだなとしみじみ感じていました」とコメント。

 共演者については「万遍なく皆さんとお話できたので、これからもっと仲良くなっていけたらうれしいです」とはにかみ、スタッフから「ハコヅメ」とともに歩むこの夏の抱負を聞かれると、「充実した夏にできたらうれしいです!」と力強く宣言。最後にリクエストに応じて「頑張るぞー」とかわいくポーズをきめた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.