News ニュース

三浦翔平と山田裕貴が「ハコヅメ」で“人たらしの取り調べの天才”&“生真面目な努力の男”の刑事ペアに2021/05/07

 三浦翔平と山田裕貴が、日本テレビ系で7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(水曜午後10:00、開始日未定)で、捜査一係の刑事ペアを演じることが分かった。

 原作は「モーニング」(講談社)にて連載中で、シリーズ累計発行部数140万部を突破した元警察官の著者・泰三子氏によるコミック「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」。訳あり元エース刑事・藤聖子(戸田恵梨香)と天然新人・川合麻依(永野芽郁)の最強ペアが繰り広げるリアルな交番エンターテインメントだ。突然ペアを組むことになった2人が、助け合い、支え合い、事件に、雑務に、恋(!?)に奮闘。凸凹交番女子ペアを通して、身近なようで意外と知らないお巡りさんの笑いあり涙ありのリアルな日常が明らかになる。

 今回三浦が扮(ふん)するのは、捜査一係の刑事・源誠二。藤とは、警察学校の同期で成績優秀な藤とは対照的に警察学校時代の成績はビリだったが、天性の人たらしで地域住民からとても慕われ、「取り調べの天才」としての能力を持つ役柄。藤を唯一「聖子ちゃん」と呼び、一見フレンドリーに接するが、警察官としての反りは合わず嫌みの応酬や口げんかもしょっちゅう。しかし実は、誰よりも藤のことをフォローし支える存在だ。

 「個性豊かなキャラクターたちの、警察の日常を描いた作品ですが、ほっこりと心温まる作品にしたいと思います」と意気込む三浦は、「僕が演じる源は、負けず嫌いな性格で、特に同期の藤と事あるごとにぶつかりますが、藤を心の中では認めており、実は藤を一番理解しているのも源なのではないかと思っています」とキャラクターを解説。

 そして「源と藤のそういった関係性や、ほかのキャストとの掛け合いを楽しんでいただけたらうれしいです。バディを組む山田裕貴くんとは、久しぶりの共演になるのですが、ガッツリと一緒にお芝居をするのは初めてなので、とても楽しみです。息の合った、源・山田の刑事コンビを作り上げていきたいと思います」と抱負を述べる。

 一方、山田が演じるのは、源とタッグを組む捜査一課の刑事・山田武志。警察学校では藤と源の一期後輩にあたる。正義感が強く、時折カッとなり余計な行動を取ってしまうところもあるが、根は生真面目な努力の男。何でもできる藤と、取り調べの天才の源という天才肌の先輩2人の陰で、ひそかに凡人コンプレックスを抱えている。藤と源のいざこざを常に仲裁し、いざという時は2人をうまく誘導して協力させ、事件を解決に導くなど、機転が利くところもある。先輩2人にとって潤滑油的な役割を果たすキャラクターだ。

 「源さん、藤さんの1年後輩でいじられ、こきつかわれる。こういうキャラクターが自分は本当に多い気がします」と笑う山田は、「“THE 刑事ドラマ、犯人は誰だ?”というよりかは軽やかな掛け合いを楽しむことができ、シリアスな瞬間より軽妙さや、警察官の日常の中に人間としての大切な部分を教えてくれるドラマです」と物語を説明。

 さらに「両親共に教師で真面目な家庭で育った山田くんらしい生真面目な部分や熱い部分も出せるといいなと思います。また、源役の翔平さんとは久しぶりの共演でもあり、コンビを組むのが楽しみです。原作の明るさを生かして毎週、明るく、ポップに見てもらえるドラマにしたいです」と気合を入れている。

 藤森真実プロデューサーは「刑事の源と山田ペアは、どんな小さな事件にも真摯(しんし)に向き合い解決のために駆け回っています。そんな2人はかっこいい!…というより人間味にあふれていて、『刑事だって欠点もある普通の人間なんだ』と思え、とても親近感が湧くと思います」とキャラクターの魅力を伝える。

 続けて、三浦と山田の起用については「源役は、戸田恵梨香さん演じる藤と同期でライバルだからゆえに会えば口げんかが始まりますが、お互い根底では信頼し合い尊敬し合っているとてもすてきな関係です。今回、スマートな役を演じることが多い三浦翔平さんが、源をどのように演じてくださるのかとても楽しみでなりません。三浦さんの新しい一面を見ることができると思います! 戸田さんとの掛け合いにもご注目ください。そして、正義感があり体育会系の真っすぐな刑事である山田には、その演技からとても熱いものを感じ、それでいて親近感も湧く山田裕貴さんしかいないと思い、オファーさせていただきました」と語り、「三浦さんと山田さん2人のコンビネーション、そして、主人公である藤と川合ペアとのチームワークをご期待いただければと思います」とアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.