News ニュース

「コントが始まる」主演・菅田将暉がクランクアップ。「見ての通り、こんな仲間ができました」2021/06/19

 本日6月19日に最終回を迎える、日本テレビ系の連続ドラマ「コントが始まる」(土曜午後10:00)で、主人公・高岩春斗を演じた菅田将暉がクランクアップを迎えた。

 菅田が主演を務める本作は、「あのころ」に思い描いていた「大人の自分」とはまるでかけ離れた「大失敗」な人生を歩んでしまった20代後半の若者たちが、その「失敗」をしたからこそ出会う人や出来事によって、思い描きもしなかった未知の「幸せ」と巡り合う、その生きざまを描いた、金子茂樹氏脚本による青春群像劇。

 春斗、朝吹瞬太(神木隆之介)、美濃輪潤平(仲野太賀)は、売れないお笑い芸人のトリオ・マクベスを組んでおり、そんな芸人の3人がネタ作りにいつも集うファミリーレストランのウエートレス・中浜里穂子を有村架純、その妹・つむぎを古川琴音が演じてきた。ドラマは、タイトルの通り、毎話ドラマのトップシーンがマクベスのコントから始まり、この冒頭のコントが残りの物語の重要な伏線としてつながるという、異例の構成も見どころとなっている。

 共にマクベスのメンバーを演じた神木と仲野に囲まれてクランクアップを迎えた菅田は、2人を抱きしめながら「皆さま本当にお疲れさまでした。見ての通り、こんな仲間ができました」と誇らしげな表情を見せる。続けて、「今回のテーマは、もう子どもでもない、かといって大人でもない年代の独身男の『最後の青春』です。皆さまのお力のおかげで撮り終えたと思っております。本当に、終わりたくないです。ただただ感謝しかありません。たくさん笑ってたくさん泣いて、皆さまとの時間をこんなに愛せて僕は本当に幸せです。本当にありがとうございました」とコメント。主演としてチームを引っ張り続けた3カ月間、菅田にとっても最高な青春の時間になったようだ。

 マクベスの解散ライブも開催日は6月19日。失敗を経験しながらも、もがき、悩み、そして笑いながら生きてきた彼らの生きざま。春斗が最後に導き出す自問自答の答えとは?

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.