News ニュース

岡山天音と神尾楓珠が「刃牙はBL」で腐女子を巡る三角関係に2021/06/17

岡山天音と神尾楓珠が「刃牙はBL」で腐女子を巡る三角関係に

 WOWOWで8月20日から放送・配信される、WOWOWオリジナルドラマ「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた⼄⼥の記録ッッ」(金曜午後11:00)に、岡山天音と神尾楓珠が出演することが分かった。

岡山天音と神尾楓珠が「刃牙はBL」で腐女子を巡る三角関係に

 シリーズ累計発⾏部数8500万部を突破する、板垣恵介氏の格闘漫画「グラップラー刃牙」。そんな人気作を人生で初めて読んだBL(ボーイズラブ)研究家の⾦田淳⼦氏が「この作品は濃厚BLなのでは?」と発想したことから生まれた規格外エッセーを原案にしたドラマで、⽂房具メーカーに勤め、腐⼥⼦を隠しながら平凡な生活を送る主人公・児島あかね(松本穂香)が、“『刃牙』×BL”の妄想に取りつかれていく姿を描く。

 岡山が演じるのは、あかねの職場の後輩・竹野航平。あかねに好意を抱き、積極的にアプローチするも“『刃牙』×BL”の妄想に夢中なあかねに全く相手にされないという役どころだ。

 岡山は「自分が『刃牙』シリーズと初めて出合った時の衝撃は今でも忘れられませんが、まさかそれをBLとして読み解く猛者(もさ)がいたとは…。松本さん演じるあかねの視点によって、刃牙たちの一挙手一投足に全く新しい価値が見いだされて行く過程は、見ていてヒジョーに興味深かったです。現場で過ごした数日間は、監督、スタッフの皆さん、そして座長の松本さんのおかげで、芝居に対しての好奇心に満ちあふれた、とても楽しい時間でした」と驚きとともに、喜びを明かしている。

 また、神尾が扮(ふん)するのはあかねの同級生で、あかねの会社に出入りする業者の会社員・柴本大寿。明るくフレンドリーだが、なんでもあけすけで空気が読めない柴本は、あかねにとっては“天敵”ともいえる存在。あかねになれなれしく接する柴本に、竹野は気が気でなく、恋のバトルが勃発する。

 「タイトルからとても興味を引かれるところがあり、どんな内容なんだろう、どんな雰囲気なんだろうと、撮影するのを楽しみにしていました」と語る神尾は、「僕の演じる役はそんなにいろのある役ではないのですが楽しみながら精いっぱい演じました。きっと面白い作品になってると思うので楽しみにしていてください!」とメッセージを寄せた。

 なお、あかねの会社の上司・梶原昇役に岩崎う大(かもめんたる)、あかねの腐⼥⼦友達である⽯⽥みはる役に島田桃依、今⾥ちこ役に穂志もえかが決定した。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.