News ニュース

松本穂香が「グラップラー刃牙」をBLとして妄想する腐女子に!2021/05/23

 松本穂香が、WOWOWで8月から放送・配信されるWOWOWオリジナルドラマ「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた⼄⼥の記録ッッ」(日時未定)に主演する。

 シリーズ累計発⾏部数8500万部を突破する、板垣恵介氏の格闘漫画「グラップラー刃牙」。そんな人気作を人生で初めて読んだBL(ボーイズラブ)研究家の⾦田淳⼦氏が「この作品は濃厚BLなのでは?」と発想したことから生まれた規格外エッセーを原案にしたドラマで、⽂房具メーカーに勤め、腐⼥⼦を隠しながら平凡な生活を送る主人公・児島あかね(松本)が、“『刃牙』×BL”の妄想に取りつかれていく姿を描く。

 外⾒上は卒なく仕事をこなす⽂具デザイナーだが、あかねの本来の姿は身近な物までBLに置き換えて考えてしまうほど熱狂的なBL愛好家。国⺠的格闘漫画「グラップラー刃牙」と運命的な出合いを果たし、この漫画をBLとして妄想し、登場する男性の裸や絡みを⾒ては、男性同⼠のエロやラブを1日30時間想像する腐⼥⼦でもある。松本は外⾒と内面の差が激しい役どころや多くの脳内妄想シーンを熱演する。

 「初めて題名を聞いた時、『何が何?』と理解が追いつかず笑ってしまったのを覚えています」と明かす松本は、「題名から面⽩い予感がにじみ出ているし、監督は⼭岸聖太さんだし…これは絶対面⽩いとワクワクしたのを覚えています。いただいた脚本を読んでみると、すごくしっちゃかめっちゃかな世界観。いい意味でです」と楽しそうに報告。

 撮影では「BL好きな⼄⼥の頭の中を具現化すると、こんなにもカラフルな世界になるのだなぁと楽しい気持ちになりつつ、その膨⼤なセリフ量に圧倒されました。⼤変な撮影ではありましたが、とにかく楽しかったです」と手応え十分。「『刃牙』ファンの方も、初心者の方も、楽しんでいただける内容になっているかと思います」とアピールしている。

 原案の金田氏は「⾃由に妄想をしつつ少年漫画を読むというのは、オタク⼥⼦にとってはごく⼀般的な習性なのですが、私のフリーダムな感想⽂が、板垣恵介先生から許可をいただいて商業書籍として出版できたのは、出版業界でもかなり異例なことだと思います。板垣先生、刃牙さん、ありがとうございます」と感謝を述べつつ、「その後、『この本を原案としてドラマ化したい』という企画書を頂戴したわけですが、奇書を堂々と出版した私の目から⾒ても、ドラマ化という発想があまりにも奇怪で、最初は『騙されているのでは?』と思いました。しかし意外にも私を騙そうとする陰謀ではなく、真面目な企画だったので、『私は⼀向にかまわんッッ」とお返事しました」とドラマ化の経緯を語る。

 そして、松本の主演決定を喜び、「このドラマのヒロインは私⾃身ではないので、年齢も経歴も性格も私とは違うのですが、ある意味で『私を擬人化したら松本穂香さんになる』ということですよね。たいへん光栄に思っています。ドラマ化については、制作チームを信頼して何もかもお任せしています。『グラップラー刃牙』シリーズのファンも、妄想ならわれにも語らせろというオタク⼥⼦も、松本穂香さんのファンも、それぞれに楽しんでいただけると思います」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.