News ニュース

中島健人&小芝風花「彼女はキレイだった」ポスタービジュアルが完成。LiLiCo、木村祐一、菅原大吉の出演も決定2021/06/16

 Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演する、7月6日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「彼女はキレイだった」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)のポスタービジュアルが解禁。さらに、LiLiCo、木村祐一、菅原大吉が出演することも明らかになった。

 本作の原作は、韓国でMBC演技大賞10冠に輝き、中国でもリメークされた大ヒット作。さえない太っちょの少年からイケメンエリートへ成長し、世界30カ国で発売されるファッション誌「ザ・モスト」の日本版副編集長兼クリエーティブディレクター・長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリーだ。

 今回公開されたポスタービジュアルは、中央には宗介が愛の口元を優しく押える“あごギュイ”を行う姿が配され、“最恐毒舌エリート”と“残念女子”の愛の関係性を表現している。そして、左下には「ザ・モスト」編集部のメンバー・樋口拓也(赤楚衛二)、右上には愛の親友・桐山梨沙(佐久間由衣)がいることで、物語が進むと絡まり合う四角関係も表現している。そんな夏ドラマらしいピンクの背景の中には、ドラマを知る上で鍵となる雨と傘。どんな意味合いがあるかはぜひドラマで確認していただきたいところだ。「おひさしぶり、初恋。」のキャッチコピーは宗介と愛の初恋が動きだすことを示唆しており、この夏一番の純愛ラブストーリーを表現するビジュアルとなった。

 そして、LiLiCoが演じるのは「ザ・モスト」編集長・池沢蘭子。「文講出版社」の親会社・文講グループ会長の妹で、お飾り編集長と言われているが、洋服好きのため媒体を気に入っている。

 木村が扮(ふん)するのは「文講出版社」常務・岸田庸司。採算の取れない「ザ・モスト」をお荷物扱いしており、廃刊にしたいと思っている。アメリカ本社から出た撤退の話を喜び、立て直しのため送り込まれてきた宗介を邪魔者と見なす。原作にはないオリジナルキャラクターで宗介と対立する貴重な存在だ。

 愛の父・佐藤豊役を務めるのが菅原で、もともと印刷所を経営しており、佐藤家は裕福な家庭だったが倒産し一文無しに。引っ越して、新たに印刷所を経営している豊だが、自転車操業状態。妻・明里(松田陽子)、愛の妹・桃(吉田莉桜)と愛の4人家族で、会社が倒産しても、明るく元気に家族を守る大黒柱だ。

 LiLiCoは「出演のオファーが来た時、事務所からの連絡がメールで来るんですけど、最後に『ピッタリの役! これはLiLiCoさんしかいないと思うけどどう?』って書いてあったんです。LiLiCoってこういう時必要なのかな(笑)」と喜びつつ、「ただLiLiCoという感じはあまり出したくないので、演じる編集長の蘭子をイメージして髪の毛を勝手に上げてみたりしたんですが、すごくいいと監督にも言っていただけたので、いろいろ相談させていただきました」とこだわりを明かす。また、「とにかくインテリアやファッションがすごくポップで元気がもらえると思います。火曜にドラマ見てもらって、水曜の朝に『見てないとヤバいよ』っていうふうになってほしい。皆さんの働く原動力になってもらえるといいなと思います」と期待している。

 「ドラマのオファーを頂いた時、恋愛ものでしょ⁉ 何の役やるんやろって(笑)。当然、(自分が)恋愛するとは思わへんけど『親かな~』とかいろいろ思いながらでした」と言う木村は、「でも、優しいドラマであることは感じたので、なんかいつもと違うテイストと思いましたね。役で恋愛するわけじゃないので(笑)、ほっとしたというか、硬派な部分でシビアな職場であることを打ち出して頑張っていけばいいなと思いました。ドキドキしながら感情の入りそうなドラマで、宗介と愛の恋愛の行方も、愛ちゃんがどう変貌していくのかも楽しみの一つですね。健人くんの衣装にも注目です!」と見どころを紹介。

 菅原は「久しぶりにほっこりする人間味のある明るいドラマに出られて本当にうれしいですね。本当にできた娘たちの父親、そして夫婦仲もよく…本当にこのような家庭が今、いくつくらいあるんだろうと思うほどいい家庭。安心して楽しめるドラマであるので、主人公と一緒にときめいてハラハラドキドキしていただければと思います」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.