News ニュース

白石聖、徳永えり、瀬戸利樹らが「推しの王子様」に出演2021/06/09

 フジテレビ系で7月からスタートする連続ドラマ「推しの王子様」(木曜午後10:00、開始日未定)に、白石聖、徳永えり、瀬戸利樹、佐野ひなこ、谷恭輔、藤原大祐が出演することが分かった。

 ドラマは、主人公の日高泉美(比嘉)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描くロマンチックコメディー。乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長である泉美にとって、最も大切なパートナーであり、泉美への特別な思いを胸の内に秘める敏腕ゲームディレクター・光井倫久役でディーン・フジオカも出演する。

 白石が演じるのは、泉美が代表を務める「ペガサス・インク」のインターンとして働く大学生・古河杏奈。泉美と同じく乙女ゲームが大好きで、特に「ラブ・マイ・ペガサス」の大ファンで、泉美に憧れてやまない。女子力は非常に高く、航とは高校時代の同級生で、ひそかに好意を寄せている。白石は「私の得意分野でもある乙女ゲーム題材の作品がついに来た!と、とてもうれしく思いました。私も杏奈と同じく、推しのおかげで頑張れるだとか、そういった気持ちに共感できるのですが、そこにリアルな恋愛が関わった時にどうなるのかがとても楽しみです」と期待に胸を膨らませる。

 徳永が演じるのは「ペガサス・インク」のデザイナーで、2.5次元俳優が推しの渡辺芽衣。徳永は「芽衣は2.5次元好きで“推し”の舞台に通いつめるほどの情熱の持ち主です。大好きなものを大事にするこの役を、楽しく演じられたらいいなと思っております」と意気込む。

「ペガサス・インク」のプランナーで、実直で裏表がない半面つい物言いがストレートになることが多く、航とぶつかることもある有栖川遼役の瀬戸は「小さい頃から時間を忘れて熱中してしまうほどのゲーム好きなので、今回ゲームのプランナーである有栖川役のお話をいただいた時は本当にうれしかったです! ドラマの中ではありますが、同じ目標を持った仲間たちと新しいゲームを開発できることに今からワクワクしています」と楽しみにしている。

 芽衣と同じく「ペガサス・インク」のデザイナーで、女性アイドルの「26時のマスカレイド」にハマっている小原マリ役の佐野は「私が演じさせていただくマリは、ニジマスを応援しているアイドルオタクなんです。ゲームをはじめ、自分自身もオタク気質なところがあり親和性を感じていて、とてもワクワクしています。私は、好きなことに対しては徹底的に貪欲に追求する一面があるので、そういったところを役作りに生かしていきたいと思います」と役柄に共感し、演技に生かしていくことを明かす。

 さらに、谷は、どんなトラブルがあっても常に冷静沈着で、謙虚で場の空気を読むこともうまい「ペガサス・インク」のエンジニア・織野洋一郎を演じる。谷は編み物好き男子でもある役柄について「織野を演じる上で編み物を始めたのですが、今やそれが楽しくて楽しくて家でも気が付けば時間を忘れてやっています」と語り、「自分自身あまり趣味がない人間ですが、何かの沼にハマる気持ちが分かった気がして、この作品で織野を演じるのがより一層楽しみになりました! 趣味はその人の人格や生活リズムにも影響すると思います。織野がハマっている編み物という沼を手かがりにこの作品の沼にハマっていくことを楽しみにしています!」とアピール。

 そして、泉美の家の近くにある中華料理店でアルバイトをしている藤井蓮を藤原が演じる。無類の音楽好きで、プロのミュージシャンになることを夢見て、路上ライブを中心に活動しているキャラクターを演じるにあたり「蓮に関しては限定的な情報があまりなく非常に自由度が高いので、演じるのがとても楽しみです。男女の恋模様や会社でのお話に直接的に関わらない役だからこそ、この作品のスパイスとなって、アクセントを与えられるように頑張ります。また彼が夢に向かって走り続ける姿にも注目していただければ幸いです」とコメントしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.