News ニュース

三浦翔平の誕生日を松坂桃李、井浦新ら「あのキス」ファミリーが祝福! 直筆メッセージに感激2021/06/03

 テレビ朝日系連続ドラマ「あのときキスしておけば」(金曜午後11:15。一部地域で放送時間が異なる)で、狂気のマウンティングにより「やばみざわ」という愛称までつけられている高見沢春斗役を好演中の三浦翔平が、33歳の誕生日を迎え、撮影現場でお祝いのセレモニーが開催された。

 壊滅的にポンコツなスーパーマーケットの従業員・桃地のぞむ(松坂)がある日、大好きな漫画「SEIKAの空」の作者・蟹釜ジョーこと唯月巴(麻生久美子)と出会いお近づきになり、友だち以上恋人未満な関係になるも、巴は不慮の事故で帰らぬ人に。悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん・田中マサオ(井浦)。半信半疑のまま始まった桃地とおじさん(=オジ巴)の生活は、いつの間にか巴の元夫で編集者の高見をも巻き込み、恋の三角関係に発展中だ。

 バースデーサプライズは、最終回の撮影現場で行われた。三浦のシーンがOKになると、スタッフからの「6月3日は三浦翔平さんのお誕生日です!」という声を合図に松坂、井浦、そして高見沢の部下・木之崎眞役の藤枝喜輝、エグゼクティブ真二役の六角慎司が登場し、三浦を祝った。

 仲間たちからかけられた「世界一の幸せ者」と書かれたタスキと、誕生日のめでたさ全開の帽子にちょっぴり照れくさそうな顔を見せながらも、うれしそうな三浦。プレゼントに添えられたキャスト陣からの心のこもった直筆メッセージカードは特に感動的だった様子で、写真撮影をした後も「これはうれしいね…だめだ、終わってから読もう、今読むと泣いちゃう」と感慨深そうにカードを眺めていた。

 このサプライズに向け、準備をしている段階から楽しそうだった松坂、藤枝、六角。三浦にかぶせた帽子に加え、誕生日っぽいサングラスや仮面をいそいそと用意し、セレモニーの瞬間を今か今かと待ちわびながら待機。プレゼントを渡す役目だった松坂は、タイミングや段取りを念入りにスタッフに確認。「あのキス写真部」として活動する井浦もカメラを片手にみんなを撮影し、その様子をしっかりとカメラに収めていた。

 6月4日放送・第6話では、オジ巴が元夫である高見沢とキスする瞬間を目撃してしまった桃地が、ショックのあまりその場から走り去ってしまう。必死で追いかけて弁明をするオジ巴だが、桃地はアパートにこもり、固く扉を閉ざしてしまう。一方、ついにオジ巴は「週刊少年マキシマム」の編集部に乗り込み「自分が蟹釜ジョーだ」と直訴。突如現れたサングラス姿のおじさんに、編集長の生馬忠士(角田貴志)含め、一同あ然。絶筆となったはずの「SEIKAの空」の再連載を巡って、運命の歯車が再び激しく回り始める。

 また、田中の家族との関係にも変化が。妻・帆奈美(MEGUMI)はついに、息子の優太郎(窪塚愛流)に真実を打ち明けることを決意。父親の体の中に、蟹釜ジョーがいると知り衝撃に打ちのめされるも、「SEIKAの空」の大ファンである優太郎は、まさかの弟子入りを志願することに。オジ巴は、田中家の今後を見据え、帆奈美にある約束を提案する。

 そんなある日、桃地は「スーパーゆめはな」で、同僚・水出清美(阿南敦子)のスマートフォンをたまたま見てしまい、彼女の正体が蟹釜ジョーの激しいアンチ“マディウォーター”であることを知ってしまう。いつも優しい彼女が一体なぜ? 理解できないまま、桃地の脳みそはキャパオーバーとなってしまう。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.