News ニュース

新木優子、“間が悪い殺し屋”中川大志に命を狙われるクールなヒロインに。「人間らしいキャラクターに引き込まれました」2021/05/17

 新木優子が、中川大志が出演を務め、日本テレビ系で7月スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日曜午後10:30=読売テレビ制作。開始日未定)に、ヒロイン役で出演することが分かった。

 ドラマは、身体能力100点、ルックス100点。でも、殺しの才能0点という最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(中川)が、ターゲットを殺すどころか恋してしまう、殺意と恋が入り混じるスリリング・ラブコメディー。脚本は、映画「飛んで埼玉」「かぐや様は告らせたい」やドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)などの徳永友一氏が手掛ける。

 新木が演じるのは、柊の暗殺ターゲットとなる大人気漫画家で、クールビューティーで気が強い鳴宮美月。事故死として処理された男虎丈一郎殺害の真犯人だと刑事・綿谷詩織に断定される人物だ。周囲から怖がられているが、柊と接する中で、次第に素の自分が出てきてしまう。実は“大きな秘密”を抱えており、その秘密が後々に大きな波紋を呼び、ほかの登場人物たちを揺れ動かしていくことになるが、まだ美月本人も知らない。

 新木は「今まで見たことのない要素が詰まったラブコメということで脚本を読んでとてもワクワクしました! “殺意”と“恋”という交わることのない二つの要素が交わり、その中でキャラクターが生き生きとしている世界観に早く挑戦したい!という気持ちでいっぱいです」と本作への出演に胸を躍らせる。

 さらに、「クールビューティー、ドライ、人嫌いで、色で例えると寒色。スキが見えないそんな性格だけど気になる人を目の前にすると動揺してしまう、人間らしいキャラクターにすごく引き込まれました」と演じる美月の魅了を語り、「ピュアな主人公が、ターゲットなのに思わず心ひかれてしまう魅力が出せるよう、台本と向き合い楽しみながら演じたいです」と意気込みを語る。

 また、共演の中川については「中川大志さんは間の悪い主人公とは正反対の、空気を読みながら場を和ませられるしっかりとしたイメージがあるので、どんなキャラクターになるのかとても楽しみです!」と話し、「今まで見たことがないような脚本で、自分自身とてもワクワクしています。ハラハラ、ドキドキしながら楽しんでいただけるドラマになると思います。家にいることが多くなったからこそ、おうち時間を思いっきり楽しめるドラマにできるよう、楽しみながら一生懸命撮影に挑みたいと思います」と気合を入れている。

 作品を手掛ける中間利彦プロデューサーは「新木優子さんは、クールな大人の魅力あふれる表情を見せる一方で、かわいらしいチャーミングな笑顔も併せ持った、『相反する二つの魅力』がある方だと思います。今回演じていただく美月は、クールでミステリアスなのですが、主人公の柊と接する中で徐々に『素の自分』が出てきてしまう…という役どころ。新木さんはまさに美月ピッタリだと確信し、オファーさせていただきました」と起用の理由を語る。そして「美月にはあっと驚く“大きな秘密”があり、それが明らかになった時、美月(新木さん)がどんな表情を見せてくれるのか…今から楽しみで仕方ありません! 殺意と恋が入り混じる、なかなか新しいラブコメディーにご期待ください」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.