News ニュース

新垣結衣、佐藤浩市、西田敏行が小栗旬主演大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演決定2021/04/15

 三谷幸喜氏が脚本を担当、小栗旬が主演を務める、2022年1月にスタートするNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日時未定)の第2次出演者が、公式Twitter(https://twitter.com/nhk_kamakura13)で発表され、新垣結衣、佐藤浩市、西田敏行が出演することが分かった。 

 本作は、源頼朝の妻となる北条政子の弟・北条義時(小栗)を主人公に、地方の豪族から頼朝の第一の側近となった義時が、その後いかにして頂点に上り詰めたのかを、鎌倉幕府を支えた武士たちの姿を絡めて描くもの。

 新垣が演じるのは、義時の初恋の人で、頼朝の最初の妻となる八重。新垣は「つらい宿命を抱えながらも心に宿した愛を生涯失うことがなかった、ある意味では秘めた強さを持った女性なのではないかと想像します。諸説ある中、断片的ではありますが八重の人生を知った時、かすかに胸が震えるような気がしました。今作での八重がどのように色付けされるのか楽しみにしています」と役柄への期待を語る。

 そして、大河ドラマ初出演で、三谷作品への出演も初となるが「三谷さんが『新しい大河を作りたい』と会見でおっしゃっていて、どんなことになるのかますます予想もできません。それもすべて楽しみながら真摯(しんし)に向き合っていけたらと思います」と意欲を見せる。

 また、事前告知で三谷氏が「あまり有名ではないが、鎌倉幕府を作ったのはこいつじゃないかと言っていいくらいの人物」と語っていた、坂東武士団で最も頼りになり最も危険な男・上総広常役を佐藤が務める。

 佐藤は「房総半島の豪族・上総広常といっても、ピンとくる方は多くないでしょう。私自身もそうでした。当時、それぞれの地で彼らのおかれていた立場、関東の豪族たちのヒエラルキーなど、そこにある面白さや悲哀をうまく見せられたらと思っています。特に今回は三谷さんが書かれているので、上総についても一筋縄ではいかない人物を書いてくれるはずです」とコメントし、「大河ドラマへの出演は『新選組!』以来ですから、その時に演じた芹沢鴨以上に魅力的な役にできるように腐心させていただきます」と力を込める。

 そして、14回目の大河ドラマ出演となる西田は、源平を翻弄(ほんろう)する、中世日本最大のトリックスター・後白河法皇役を演じる。西田は「オファーがあってから、後白河法皇という人物に興味が湧いてきました。私なりのアタックの仕方で、一般的な後白河法皇とはイメージが違うかもしれないけど『俺が演じた後白河法皇が真実だ』というくらいリアリティーをもって演じたい。三谷さん流のアイデアと独特のユーモアセンス、歴史観、人生観が相まった脚本になってくると思います。役者としてフィールドを広げ、堂々と受けて立ちたい」と意気込んでいる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.