News ニュース

「恋はDeepに」今夜スタート! 石原さとみ&綾野剛がインスタライブでファンと交流2021/04/14

 日本テレビ系で本日4月14日スタートの連続ドラマ「恋はDeepに」(水曜午後10:00)に出演する石原さとみと綾野剛がインスタライブに登場し、ファンからの質問に回答した。

 本作は、海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(石原)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“地上で一番Deepな恋模様”を描くラブストーリー。脚本を「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)、「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)を手掛けた徳尾浩司氏が担当する。巨大マリンリゾート開発をめぐり出会った海音と倫太郎。開発を阻止したい海音と、開発に人生を懸ける倫太郎は正反対の立場だが、運命的な恋に落ちてしまう。しかし、海音には誰もが驚く秘密がある。

 初のインスタライブだという石原は、視聴者からのたくさんのコメントに「こうやって会話するんですね、楽しい~」と終始笑顔。「好きな海の生き物は?」という質問に、「Netflixで見た『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』に勘当していつの間にか泣いていた。タコが断トツで好きです」と答えたり、「劇中でかっこいいと思ったシーン」に関しては、“倫太郎にお姫さま抱っこされるシーン”を挙げ、「こんなにナチュラルにお姫さま抱っこをする人がいるんだ」と驚いていると、綾野から「背筋あるから。鍛えているから大丈夫」と言われたそうで、「いつでも人が救えると思った」と言う石原に、綾野は「(いつでも人を救う)そういう気持ちでいる」とサラリと答えていた。

 ラブコメへの出演について聞かれた綾野は、「ラブコメだというジャンルの意識はなくなりました。単純に倫太郎として渚海音を好きなればいいんだなって。ラブコメを意識するのではなく、渚海音を意識してやっています」と発言。すると「なぜ、ラブコメをやりたいと思ったのか」と石原に聞かれ、「ラブコメを見るのが好き。でも俺にそういうイメージがないみたいで…」と綾野。ここで石原が、綾野が佐藤健と自分を比べて、「これを佐藤健がやったらこうだけど、俺がやったらなんでこうなんだろう」と言っていたことがあったと暴露し、綾野は「たけちゃん(佐藤)はやっぱりすごいなと思った。自分が演じたシーンを見たら、自分が知っているラブコメの雰囲気じゃなくて、『足りてないな、俺』と思った」と心境を告白。そんな綾野に対し、石原は「現場も私たちも(綾野のシーン)を見て、ズキュンってきましたよ!」と綾野の心配は無用だとフォローしていた。

 また、2人はファッションのポイントについて「寒色系の軽やかな素材の服装で、パールのアクセサリーをいろいろ変えてつけています」(石原)、「初めは鎧(よろい)のようなスーツを着ていますが、海音と出会ったことで、その鎧がはがされていく、気持ちが素直になっていく感じで、対・海音がベースになっています。ワントーンコーディネートが多いですね」(綾野)と回答。続けて、石原に「革靴でずっと座っているシーンがありましたよね」と振られると、綾野は「あの革靴には思い入れがあって、革靴ってちゃんと立つために作られているから、しゃがむようにできてない。でも負けたらダメだと思っていた」と裏話を明かした。そこでファンから、綾野に対し、「足のサイズを教えてほしい」という質問が届いていることに気付いた石原が、綾野に質問。自由な石原の様子に「すげえなこの人」とこぼしつつも、「スポーツシューズは26.5cm、ベースは27cm」と律儀に答えていた。

 さらに、「(公開された)写真撮影の場面にキュンとしました」というメッセージに対し、映像では、石原が綾野に攻めているような場面が公開されているが、綾野が石原を突然お姫さま抱っこしたシーンもあったそうで、「綾野剛ターンもあったのに!」と思っていたという石原。綾野は「フェアじゃないので、もしも機会があったらそのシーンも公開します」と視聴者に向け、優しく語りかけていた。

 そして、「やっと1話が届けられます。第1話面白いと思います。ちゃんと、ラブコメというか、ラブストーリーになっていると思うので、現実を忘れられる気がします。いろんなストレスとか不安なこととかあると思うんですが、この1時間だけ忘れて、明るい気持ちになってもらえたらうれしいです」(石原)、「1話を見て、とても真っすぐで、とても純真なドラマになっていると思います。人と人の心が近づいていく、密になっていくのは美しいな、それが届けられるんじゃないかと思います。現場でうそなくやってきて、見てくださる方のことを一瞬たりとも忘れたことをなかったので、楽しんでもらえたら」(綾野)とメッセージを届けた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.