News ニュース

星野源書き下ろしのラブソングが「着飾る恋には理由があって」主題歌に決定2021/03/30

 星野源が、TBS系で4月20日スタートする連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(火曜午後10:00)の主題歌を務めることが分かった。

 ドラマは、奇麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、よろいを脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

 脚本は、昨年社会現象となった「恋はつづくよどこまでも」(同系)をはじめ、幅広い世代の女性の共感を呼ぶ脚本で人気を博す金子ありさ氏が担当。制作チームには、同局で「MIU404」や「わたし、定時で帰ります。」「アンナチュラル」などのプロデュースを担当してきた新井順子氏、さらに新井氏と多くの作品でタッグを組み、「MIU404」「グランメゾン東京」などジャンル問わず多くの話題作を生み出してきた塚原あゆ子氏が演出を務める。

 星野書き下ろしによる楽曲は、ヒロインの“着飾る女”真柴くるみ(川口春奈)の気持ちに寄り添ったラブソング。星野は音楽家・俳優・文筆家と幅広く活動。俳優としては数々のテレビドラマや映画に出演しており、本作の新井プロデューサーと塚原監督とは、昨年放送した話題作「MIU404」でタッグを組んだ星野が、今回は俳優としてではなく、アーティストとして参加する。

 テレビドラマの主題歌を星野が担当するのは、NHK連続テレビ小説「半分、青い」以来3年ぶりで、同局では2016年10月クール「逃げるは恥だが役に立つ」以来5年ぶりとなる。「逃げ恥」の主題歌「恋」は、“恋ダンス”と併せて社会現象を巻き起こし大ヒットとなった。星野が書き下ろす新曲は4月20日の初回放送で解禁となる。

 星野は「兎にも角にもキュンということで、ラブソングを書いています。恋愛というものに真っすぐ向き合いつつ、キスにも、涙にも似合う曲が作れたらと思っています。以前ご一緒した、新井さん・塚原さんチームとまた仕事ができてうれしく思うと同時に、川口さんや横浜さんをはじめとしたキャストの皆さんの物語に、この音が響くと思うとワクワクします。あと、“こうじ”が楽しみです」と“キーワード”を挙げ、期待感をあおった。

 新井プロデューサーは「おうちで過ごすことが楽しいと思えるラブストーリーを作りたいと、この企画を練っていた時、星野源さんの配信ライブを拝見しました。いろいろな制限がある中、家でライブを楽しめ、癒やされ、元気をもらいました。その時に、まだ企画書もないけど主題歌は星野さんにラブソングをお願いしよう!と心に決めました」と主題歌オファーの経緯を明かし、「俳優・星野源さんとは『MIU404』でご一緒させていただきました。今回、アーティスト・星野源さんとは初めてなので、初共演のような新たな気持ちで一緒に作品を作りたいと思っています。先日楽曲を聴かせていただき、とても心が洗われました。心が優しく温かい気持ちになれる曲になると思いますので、ドラマとともにお楽しみください!」とアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.