News ニュース

丸山隆平と中村アンが「着飾る恋には理由があって」で川口春奈&横浜流星とルームシェア2021/03/09

 関ジャニ∞の丸山隆平と中村アンが、TBS系で4月スタートの連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(火曜午後10:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 ドラマは、奇麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、よろいを脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。脚本は、昨年社会現象となった「恋はつづくよどこまでも」(同系)をはじめ、幅広い世代の女性の共感を呼ぶ脚本で人気を博す金子ありさ氏が担当。制作チームには、同局で「MIU404」や「わたし、定時で帰ります。」「アンナチュラル」などのプロデュースを担当してきた新井順子氏、さらに新井氏と多くの作品でタッグを組み、「MIU404」「グランメゾン東京」などジャンル問わず多くの話題作を生み出してきた塚原あゆ子氏が演出を務める。

 丸山と中村は、主人公の“着飾る女”真柴くるみ(川口春奈)とシンプルを追求する“ミニマリスト男”藤野駿(横浜流星)と同居することになるルームシェアのメンバーとなる。丸山が扮(ふん)するのは、駿のはとこで、オンラインカウンセラーとして悩み相談を請け負っている関西人の寺井陽人。中村は、近所の高級スーパーでデリバリーのバイトをする傍ら、現代アートの絵画やオブジェを作るアーティストの卵・羽瀬彩夏を演じる。

 「実は僕自身ラブストーリーに出演するのが初めてなんです」と明かす丸山は、「台本を読ませていただきましたが、恋愛があり、働く女性を中心とした人間ドラマでもあり。それぞれの登場人物がどのように展開していくのか今から楽しみでキュンキュンしてます!」と初の恋愛ドラマに胸をときめかせ、「僕が演じる陽人は関西人というところが自分と同じですが、今まで関西人を演じたことはなかったので逆に新鮮です。明るくとっつきやすい人物ですが、心の中にあるものも含め、奥行きある部分も演じられたらと思います」と役柄へのアプローチを伝える。

 そして「タイトルから女性はいろいろなことを想像するでしょうが、男性も女心を垣間見ることができて、皆さまの生活の中で共感できるヒントがあるかもしれません。そのあたりにも期待いただき、ぜひリアルタイムでご覧ください」と呼びかけている。

 中村は「ルームシェアをしながら、いろいろな人と生活していく中でそれぞれの葛藤や生きていく姿が描かれていて、テンポよく展開していくストーリーに期待しています」と見どころを挙げ、「今回の私の役柄は、アーティストとして自分の夢をまだかなえられていない中、女性としてもいろいろなことを考える年頃です。夢を追い挫折を味わいながら進んでいく姿は、私もたくさん経験してきましたし、自分も共感できるところがあります。すでにこの役への思い入れもありますし、演じることにしっかりと覚悟を持って臨み、今までとは違った自分を見せられるよう頑張ります。共演者の皆さまとのお芝居を今から楽しみにしています」と気合が入っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.