News ニュース

「ぐるナイ」で“令和のバカ四天王”が決定!? 衝撃のおバカDNAも明らかに!2020/05/21

 5月21日に日本テレビ系で放送される「ぐるぐるナインティナイン」(木曜午後7:56)で、勢いに乗るお笑い第7世代から“おバカスター”の新鋭を発掘する人気企画「クイズ!愛しき令和のおバカ様」の第3弾をおくる。参戦するメンバーは、過去2回の同企画で“ベスト・オブ・おバカ様”に選ばれたぺこぱ・シュウペイ、今年の「新春おもしろ荘」で優勝を果たしたエイトブリッジ・別府ともひこ、昨年の「女芸人No.1決定戦 THE W」で女王に輝いた3時のヒロインのボケ担当・ゆめっち、元サッカー日本女子代表でおバカタレント代表格に上り詰めた丸山桂里奈の4人。

 前回のエンディングで、母親から「実はジャニーズの書類審査に受かっていた」と衝撃の事実を明かされたシュウペイだが、過去の挑戦では「目から○○が落ちる」の穴埋め問題に「まつげ」「ぼた餅」などと珍解答を連発。今回もそのままの勢いで3連覇に名乗りを上げる。一方、自身を超える家族のおバカエピソードを持ち寄る別府やおバカの称号をぬぐうためにあることを始めたというゆめっちなど、新たな王者の誕生や“令和のおバカ四天王”の誕生が期待される。クイズでは、解答以前に混乱状態に陥ってしまうシュウペイや、悩んだ末にある懐かしい言葉を発する別府らが、爆笑を禁じ得ない解答を繰り返して予想もできない王座争い展開していく。

 今回は、回答者が間違えてしまうとその相方が罰ゲームの餌食になるルールを設定。人との接触を避けなればいけないため、自らお仕置きをしなければいけないという難題が課される。地味なのに痛く、さらにリアクションが難しくて「メンタルにくる」という“ビリビリペン”などの罰に体当たりで挑まなければならない。そんな中、唯一1人で参加する丸山が鼻フックによるセルフお仕置きで予想外のクオリティーを発揮する。

 さらに、“平成のおバカレジェンド”である鈴木奈々、内藤大助との「新旧おバカ対決」も開催。相乗効果によって想像を絶する答案が繰り出されていく。そして、“ベスト・オブ・おバカ様”の座を射止めたメンバーは、前回同様にナイナイと家族を含めた四者面談を実施。あのメンバーに激似の兄がテレビ初登場を果たし、ナイナイの2人をあ然とさせるおバカ伝説を披露する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.