Feature 特集

ゾンビもミュージカルも大好き! 3時のヒロインがハマった海外ドラマって?2020/02/22

J:COM、AXN HD 海外ドラマ、スーパー!ドラマTVが主催した「バレンタイン 海外ドラマ イケメン祭り」のトークイベントが東京都墨田区で行われ、「女芸人No.1決定戦 THE W 2019」で優勝したトリオ・3時のヒロインが登壇。SNSで「海外ドラマあるあるを集めて再現してみた」という動画が100万再生を突破してブレーク中の3人が、AXNとスーパー!ドラマTVで放送中(またはこれから放送)のドラマからお気に入りの作品についてトークを展開した。

福田麻貴は「インスティンクト」(2018年~)がお気に入りで、「サスペンスだけどユーモアがあって、主人公の教授と女性刑事の関係もいい。序盤から引き込まれました」、かなでは「私は『ナイト・マネジャー』(16年)にハマりました。主人公のクールな一面が少しずつはがれていくところがたまりません!』、ゆめっちは「『シカゴ・ファイア』(12年~)は2大イケメンがえげつない。炎のシーンやアクションも本格的です」と、それぞれおすすめのポイントを披露。そのほかにも、バレンタインデーに手作りチョコを贈ってひかれたという、ゆめっちのエピソードなどで会場を盛り上げた後、個別のインタビューにも応えてくれた。

主役が必ずしも美人じゃないのが、海外ドラマのいいところ!

── 3人とも海外ドラマフがお好きということで、それぞれ、お気に入りの作品を教えてください。

福田 「私は『glee/グリー』(09~15年)と『グッド・プレイス』(16~19年)が好きです。『グッド・プレイス』は天国に間違えて来てしまった性格の悪い女性が、天国に居続けるために、いいこととは何かを学んでいくんですけど、それはシーズン1の話で、シーズン2からはドンデン返しすぎて、新事実もいっぱい出てきて、次元が違うような展開になっていくところが面白いんですよ。『glee』はヒット曲を取り入れたミュージカルドラマですが、キャラクターがみんなチャーミングで、それぞれのコンプレックスとか、デリケートになる部分をコメディーとして面白く見せているところがよかったです」

ゆめっち 「私は『フルハウス』(1987~95年)が小さい頃から好きで、ミシェルになりたいと思っていました。かわいい赤ちゃんなのに毒舌で(笑)。毎分、毎秒、いろいろなことが起きる、あの世界観が大好きでしたね。クラスの子たちもみんな見ていて、よくミシェルのことを話していました。『フルハウス』はファッションもかわいくて、まねしたいなと思いながら、今も見ています」

かなで 「私は『ウォーキング・デッド』(10年~)が大好きなんですけど、まだシーズン6までしか見ていないんですよ。ネットで検索しているといろんな情報が出てきてしまうので、見ないようにしています。『ここでこの人が死んじゃうの?』っていう展開がすごいですよね。好きなキャラクターはリックで、ダリルもカッコイイ! でも、登場人物全員、ムカつくいんですよ(笑)。主人公のリックでさえもヤバい時がありますからね。イライラするんですけど、そのイライラが面白い。あと、前のシーズンで出会った人が後のシーズンで助けに来てくれるところとか、最高ですね。それから、シンプルにゾンビの動きが遅いところも好きです(笑)。私はゾンビ映画がめっちゃ好きで、ゾンビがすごく強い映画もあるけど、このドラマのゾンビは動きが遅くて、遠くにいても『あ、いるな』って感じで、人間が必死に逃げなくてもいいところにリアルさを感じます」

── 海外ドラマや映画を選ぶ時には何をポイントにしていますか?

福田 「結構タイトルとかサムネイルで選んじゃいます。ストーリーとかあまり気にせずに直感で選びますね」

ゆめっち 「俳優さんだとジャック・ブラックさんが好きで、出演作もコメディーが多いので、よく見ます。あとはホラーやスプラッターも好きです。むしろグロいほど『見たくないけど、見たい!』となりますね。日本のホラーだと和室とか押し入れとかあってリアルすぎて見られないんですけど、海外のホラーはあり得ない死に方したりとか、現実味がなさすぎて、めっちゃ見られます!(笑)」

かなで 「私はミュージカルがすごく好きで、『glee』とか、歌が入っている作品は絶対、見ようと決めています。あと、恋愛体質なので、いろいろな形の恋愛が詰まった『ラブ・アクチュアリー』(03年)がすごい好きです」

── 海外ドラマに影響されたり、何かを取り入れたりしていますか?

ゆめっち 「ファッションやメークは意識して見ています」

福田 「『glee』とか、ミュージカルドラマで歌うシーンがあると、自分も歌えるようになりたくて、歌詞を勉強したりします。ネイティブっぽく発音できるように歌い方をまねしたりとか(笑)」

かなで 「『ハイスクール・ミュージカル』(06年)とか『glee』を見て、ドラマと一緒に踊ったりします。海外ドラマを見るようになって、よく踊るようになりましたね」

── 皆さんが海外ドラマや映画に出るとしたら、どんな役をやってみたいですか?

福田 「『フルハウス』でいうとキミーみたいな、主人公の友だちで、ホンマに何も考えてない人って必ず出てくるじゃないですか? 主人公が悩んでいるのに温度差があって、『コイツはホンマにバカだな、無神経だな』っていうキャラが好きです。ちょうど顔も中途半端で主役向きじゃないし(笑)。あ、でも、海外ドラマのいいところって、主役がみんな美人とは限らないところですよね。そういうところが面白いと思ってます」

ゆめっち 「私はホラーコメディーで最初に死ぬバカな女がいいです。バカでかいジュースを持って、いっぱいオイル塗って日焼けサロンに行って、マシンの中で殺されてしまうとか。学園ドラマなら人をいじめるチアリーダーとか、派手な女の子の役が合っているんじゃないかなと思います」

かなで 「私は“躍り狂っているおデブちゃん”っていう役がやりたいです。なんか、無害でいいですよね」

福田 「(自分たちのネタの)『海外ドラマあるあるを集めて再現してみた Part2』に、“からかってパーティーに誘ったら、本当に来ちゃうヤツ”っていうコントがあるんですけど、かなではそれがめちゃくちゃハマり役なんですよ(笑)」

かなで 「そうそう。肩出したドレス着て、すごくおめかししてるんですけど…」

ゆめっち 「『本当に来たわよ、アイツ』っていう(笑)」

──「海外ドラマあるあるを集めて再現してみた」を公開して、どんな反響がありましたか?

福田 「『THE W』で優勝する前に80万再生を記録していたんですけど、Twitterで若い女性が『めっちゃ分かる』とか『これ、みんなでやろう』と言ってくれたりして、若い女性のファンが増えたことを実感しています」

── ほかにも「あるある」動画を作っていますね?

福田 「そうですね。『連続テレビ小説 朝ドラあるある』という動画も公開しています。あと『分かり合えない女子達』シリーズもあって、これは“女子のケンカあるある”みたいな感じです。『テラスハウス』(フジテレビ)から着想したんですが、女の子同士で言い合うシーンがけっこうあるので、『人と人が分かり合うのは、こんなに難しいんだ』(笑)と思ったことがきっかけです」

【作品情報】

「インスティンクト −異常犯罪捜査−」
スーパー!ドラマTV 火曜 午後10:00~10:55ほか(二カ国語)
スーパー!ドラマTV 火曜 深夜0:00~1:00ほか(字幕)

「ナイト・マネジャー」
AXN HD 海外ドラマ 
2月24日 午後0:00~7:00(字幕・全8話一挙放送)

取材・文/青木純子

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.