News ニュース

「珈琲いかがでしょう」Paraviオリジナルストーリーのビジュアル公開2021/03/18

 テレビ東京系で4月5日からスタートする、中村倫也主演の連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」(月曜午後11:06)のオリジナルストーリー「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」が、本編の各話放送終了直後からParaviで独占配信されることが決定。ビジュアルが公開された。

 地上波で放送の本編は「凪のお暇」などで知られるコナリミサト氏による同名漫画を原作に、主演の中村、共演の夏帆、磯村勇斗を迎えて実写化。さらに、監督・脚本を映画「かもめ食堂」(2006年)などで知られる荻上直子氏が担当し、“奇跡のタッグ”が実現。中村が演じる主人公の移動コーヒー店「たこ珈琲」店主・青山一がさりげない言葉で人々を癒やす、優しくもほろ苦い“人情珈琲群像劇”が描かれる。

 Paraviオリジナルストーリー「珈琲”もう一杯”いかがでしょう」は、ベールに包まれたぺいこと杉三平(磯村勇斗)が主人公となる、本編の続きの物語。もちろん、青山や垣根志麻(夏帆)、青山が行く先々で出会う人物たちも登場。さらに、俳優で脚本家、演出家としても活躍する池田テツヒロが全編の脚本を執筆し、劇中には本人役としても登場する。

 池田は「『珈琲いかがでしょう』のアナザーストーリーを書かせていただけるお話をいただき、正直、躊躇(ちゅうちょ)しました。だって『珈琲いかがでしょう』が好きすぎるから。しかも原作で描かれている胸キュンで胸アツでハラドキな展開の、その前やらその後のオリジナルストーリーを書かせていただけるなんて、光栄を通り越して恐れ多いじゃないですか! だから躊躇したのです。だけどこのお仕事を他の脚本家に任せるのはもっと嫌だったので、恐れ多くもやらせていただくことにしたのです。『珈琲いかがでしょう』そして、中村倫也、磯村勇斗、夏帆ちゃんファンの1人として、夢中で脚本を書き上げました。皆さまに喜んでいただけましたら、幸せです」と喜びのコメントを寄せた。

 原作者のコナリ氏は「池田テツヒロさんの脚本の『珈琲“もう一杯”いかがでしょう』が面白くて、毎回新作が届くのを楽しみにしていました。原作の小ネタを補完してくれていたり珈琲豆知識もてんこ盛りです。私も未開拓だった青山や平や垣根たちのキャラの掘り下げが出てくるのですが、何一つ解釈違いがなかったです。このまま漫画化したいと思いました(笑)。日々がしんどくて癒やされたい人、人間関係を見直したい人、コーヒーが好きな人…すべての人を湯気のように優しく包み込む、幸せを運ぶ移動珈琲物語! 『珈琲いかがでしょう』放送まであと少し!」とオリジナルストーリーを絶賛し、本編もアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.