News ニュース

栗山千明主演「ラブコメの掟」に草川拓弥、堀田茜、吉沢悠が出演。主題歌は倉木麻衣の「Can you feel my heart」2021/03/15

 テレビ東京で4月7日からスタートする、栗山千明主演の水ドラ25「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」(水曜深夜1:10)に、超特急・草川拓弥、堀田茜、吉沢悠が出演することが決まった。

 主人公・九条瑠璃(栗山)は、電子コミックの編集部で働く優秀なアラサーで、パーフェクトな外見と言動から恋愛経験豊富と思われてきた。しかし実際は、15年前の大学時代に彼氏が一瞬いただけの恋愛ド素人。そんな瑠璃が、“見た目も中身もパーフェクト”な職場の後輩・真宮亮(小関裕太)から突然飲みに誘われ、恋愛相談を持ちかけられる。「誰と付き合っても3カ月以上続かない」と打ち明ける亮に、「あなたがまだ本当の出会いをしていないだけよ」とドヤ顔で答える瑠璃。これもすべて瑠璃が少女漫画から得た知識だ。しかし、飲みすぎた瑠璃が翌朝目を覚ますと、隣には亮の姿が! 瑠璃の頭の中は大パニック。そして、瑠璃は亮に恋愛指南をすることになる。

 草川が演じるのは、瑠璃の弟・九条惇太。少女漫画に囲まれて過ごす瑠璃の素顔にあきれつつも姉を支える弟という役どころだ。草川は「『チェリまほ』(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』)に続き、テレビ東京さんに戻ってこれてとてもうれしいです。お姉ちゃんの心のよりどころ、そして視聴者のよりどころにもなれればなと思います。お楽しみに!」とコメント。

 また、瑠璃の会社の役員で、見た目も仕事もパーフェクトな女性・立花エリカ役を堀田が務める。「女子校育ちの私にとっても少女漫画は恋愛のバイブルでした。まさに“ラブコメの掟”と言える、少女漫画の甘酸っぱさやクスッと笑えるラブコメ要素を凝縮させたようなこの作品の世界に入れることがとてもうれしいです。私の演じるエリカは、瑠璃と亮の仲を少しかき乱すような役柄です。エリカのようなカッコいい女性の役は初めてなので、新しい私を見ていただけるよう、楽しんで演じたいと思います」と意気込む。

 そして、吉沢は、貿易関係の会社の社長を務めるエリートで、兄弟関係は必ずしも良好ではない亮の兄・真宮賢治に扮(ふん)する。吉沢は「今回のお話をいただいた際に台本がオリジナルで、更にとても面白く『ぜひ出演させていただきたい!』とすぐ思いました。そして共演の小関裕太さんはプライベートでも一緒に食事へ行ったりする仲なので、今回は2人の恋の行方の鍵を握る兄役として出演させていただくことがドラマの色にプラスに働ければうれしく思います。栗山さんと小関さんの掛け合いが今から楽しみで仕方ありません」と期待を述べた。

 さらに、ドラマ主題歌を歌うのは、昨年デビュー20周年を迎えた倉木麻衣。「主人公は奇麗でスタイル抜群、仕事も完璧にこなし、周りからも信頼が厚く憧れの的。でも自宅では実は少女漫画とお酒が大好きでイメージとギャップがある、そんな主人公が初恋をするという物語ということで、ストーリーに寄り添えるように作らせていただきました! 誰もが持つ『完璧でありたい』という気持ちと『本当の自分を見てほしい』という二つの正直な気持ちを表現した今回の楽曲『Can you feel my heart』がドラマを引き立てるような1曲になったらうれしいです」と語っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.