News ニュース

「チェリまほ」スピンオフが配信決定! 赤楚衛二&町田啓太らによる副音声も2020/12/09

 テレビ東京ほかで放送中の木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(木曜深夜1:00)も、いよいよ後半戦に突入。魔法を通して、黒沢優一(町田啓太)のいちずな思いや、周囲の人たちの意外な一面を知って、少しずつ変化し始めた安達清(赤楚衛二)。そして、ついに実ったそれぞれの恋。安達と黒沢、柘植将人(浅香航大)と綿矢湊(ゆうたろう)の交際の結末が気になるところだが、このたび、スピンオフが12⽉24⽇深夜からTSUTAYAプレミアムで独占配信されることが決定した。

 本作は、童貞のまま30歳を迎えたことにより「触れた人の心が読める魔法」を手に入れたさえないサラリーマンが、同期のイケメン社員の心を読んでしまったことから巻き起こる恋模様を描くボーイズラブコメディー。

 スピンオフの「バレンタイン編」では、黒沢が安達と仲良くなる前の、かつてのバレンタインを思い出すことからスタート。「今年はちゃんと渡すぞ」と意気込むが、安達宛ての差出人不明の本命チョコを発見してしまう。この本命チョコを安達に渡したのは一体誰なのか。思いが千々に乱れる黒沢のモノローグ全開で送る、2人のバレンタインの1日をつづる。

 「六角編」は、六角祐太(草川拓弥)のモノローグで語られる“名探偵・六角”の推理劇。六角は「最近、安達さんと黒沢さんが怪しい…」と、尊敬する2人の関係を何やら怪しんでいた。自分と安達が話していると必ず黒沢が割って入ってくるし、安達の好きなものをなぜか黒沢がすべて把握している。「この2人の親密さは一体?」といぶかしんだ六角は、自ら考案した“スペシャル大作戦”を決行。そしてそれは、誰も予想だにしなかった結末にたどり着く。

 「柘植・湊編」では、柘植と湊の初めてのけんかを描く。小説の新作が賞を受賞した柘植、そして、大手のダンスオーディションで最終審査まで残った湊。一見、順風満帆に見えていた2人だったが、湊はある思いをくすぶらせていた。しかし、柘植はそのことに気付かず、2人の思いはすれ違っていく。

 これらのスピンオフには、副音声が付くことも決まった。「バレンタイン編&六角編」「柘植・湊編」で、赤楚、町田、浅香、ゆうたろうの4人による、ここでしか聞けない裏側や撮影秘話などの貴重な濃密トークが楽しめる。詳細はTSUTAYAプレミアム公式サイトをチェック(http://tsutaya.jp/cherimaho/)。

 12月10日放送・第10話では、黒沢の後押しを受け企画コンペへの参加を決⼼した安達だが、いい案が浮かばず、コンペに集中するため黒沢とのデートもお預け状態になっていた。会社のみんなからも応援される中、コンペの締め切りが近づくにつれ不安が募る安達。そんな安達を見た黒沢は、安達を元気づけるため「デートの練習」称して遊園地に連れ出すことに。デートの練習を経て、恋⼈としての絆を深める2⼈だったが、安達にはある思いが⽣まれる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.