News ニュース

矢沢心が「俺の家の話」で長瀬智也と「IWGP」以来21年ぶりの共演!「同級生に会っているような感覚でした」2021/03/12

 矢沢心が、本日3月12日放送のTBS系連続ドラマ「俺の家の話」(金曜午後10:00)の第8話にゲスト出演する。

 宮藤オリジナル脚本の本作は、介護と相続をテーマに、濃すぎる家族が織り成す王道のホームドラマ。プロレスラーを引退し、20年ぶりに実家に戻った主人公・観山寿一(長瀬)が、能楽の人間国宝である父・寿三郎(西田敏行)の介護のために現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパー・志田さくら(戸田恵梨香)を巻き込んで、介護と遺産相続を巡るバトルを繰り広げる。

 今回矢沢が演じるのは、長瀬演じる寿一に大きく関わる看護師役。矢沢と長瀬のドラマ共演は、橋本千秋役で出演していた2000年に同系で放送の「池袋ウエストゲートパーク」(通称・IWGP)以来21年ぶり。長瀬、矢沢、そして先日ゲスト出演が発表された佐藤隆太と、当時の若者を熱狂させた「IWGP」のメンバーが顔をそろえることとなった。現在、矢沢は3児の母として子育てをするかたわら、ママタレントとしても活躍。17年に放送された「コウノドリ」(同系)以来、約4年ぶりのドラマ出演となる矢沢が、長瀬とどのようなからみを見せるのか注目だ。

 矢沢は「久々に宮藤官九郎さんの脚本を読ませていただき、面白いなと感じたのが率直な感想でした。こんな感じに演じようかなと思っても、官九郎さんならこんな感じかな、と思えることがとても楽しかったです。『池袋ウエストゲートパーク』チームの現場の雰囲気が変わらず温かくて、心地良い空気感を味わいました。同級生に会っているような感覚で21年ぶりとは思えませんでした」と撮影の感想を話す。

 そして「長瀬くんは、ナチュラルで緊張させないよう現場の空気を作ることがとても上手です。やりづらさがある苦手なシーンでもすべて拾ってくれるのでアドリブ力が必要なのですが、いつの時もとても楽しく演じさせてもらいました。こんな役者さんってあまりいないと思います。人を緊張させず、人間味を思う存分カッコつけずに出してくるもんだから『池袋ウエストゲートパーク』も、あんなに結束力が強かったのだと思います」と長瀬の魅力を伝え、視聴者と同様に「寿一の行く末を私も楽しみにしています」と語った。

 第8話では、ついにさくらへ自分の気持ちを告白した寿一だが、まだそのことを家族に話すわけにはいかず、2人は何事もないかのように振る舞う。そんな中、突然、寿三郎が「終活をする」と言いだす。自分が「要支援2」だと思っている寿三郎は、今のうちに遺産相続について書き記しておこうと言うのだ。「さくらへ贈与する」と寿三郎は言うが、それを聞いたさくらはキッパリと断る。

 日は変わり、寿一は寿三郎から新しい演目の稽古をするように告げられる。同時にスーパー世阿弥マシンとしての新しい対戦相手が決まり、寿一は能とプロレスを同時進行で稽古していくことに。そんなある日、観山寿限無(桐谷健太)との稽古中によろけてしまい、寿一は病院へ。診察の結果、あることがきっかけとなりアキレス腱を断裂。2週間の車椅子生活を余儀なくされる。そして、観山家に“車椅子の親子が2人”という生活がスタートする。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.