News ニュース

生田斗真主演「書けないッ!?」最終回にアイナ・ジ・エンドが出演2021/03/08

 テレビ朝日系連続ドラマ「書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」(土曜午後11:30)の3月13日放送・最終回に、BiSHのアイナ・ジ・エンドがゲスト出演することが分かった。なお、最終回は放送枠を拡大し、1時間SPでおくる。

 同ドラマは、細々と執筆を続けながら家事全般を担う脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田斗真)に突然ゴールデン帯の連続ドラマの脚本執筆という大仕事が舞い込んだことで巻き起こる騒動と、彼を見守るベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)ら家族の絆を描くマイホームコメディー。

 BiSHはハイレベルな音楽性や独特な世界観で絶大な人気を誇る“楽器を持たないパンクバンド”。芸能界にも熱烈なファンが多く、主演の生田も「僕はずっとBiSHの音楽を聴いているし、アイナさんの歌と踊りの表現力の高さに注目していたので“お芝居をやればいいのになぁ”と思っていました。いつか機会があればご一緒したいと思っていたので、今回出ていただくことができてすごくうれしかったです」と今回の共演に感無量の面持ち。

 アイナが演じるのは、主人公の圭佑が通い詰める“脳冷却”でおなじみの「整体B&Bラボ」の新人スタッフ・飯田向日葵。向日葵は突然“ある告白”をして圭佑を動揺させる意味深なキャラクターとなっている。

 「実は以前、斗真さんに『セリフってどうやって覚えたらいいんですか?』など、本当に初歩的な質問をたくさんさせていただいていたことがあるんです」と明かしたアイナ。撮影を終えて「演技をする上で、一番難しいのは“日常を表現すること”なんだろうなと思っていたんですが、私は今回、それを目の当たりにすることができて…グッときました。本当に素晴らしい先輩とご一緒できてうれしかったです」と生田とのドラマ初共演に大喜び。

 一方の生田も「今後、お芝居の世界にもどんどん足を踏み入れてほしいなと思いました。アイナさんの新たな一面をご覧いただけると思います」と太鼓判し、「この作品にとっても重要な、最終回らしいシーンになっていると思うので、ぜひ楽しみにしていてください!」と見どころをアピールした。

 最終回では、圭佑が東西テレビのプロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)から、ドラマ「富豪教師Q」の第9話をベテラン脚本家・原口正宗(坂田聡)に任せることになったと言われ、ぼう然となる。これまで死に物狂いで書き上げてきたのに、ここにきて1話だけ人に任せることになったことに、想像以上にショックを受けている自分に気付く圭佑。そして1人でその思いを抱えきれなくなり、米虫メンタルクリニックを訪れた圭佑は、ベストセラー作家の妻・奈美に言えない愚痴をぶちまける。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.