News ニュース

中村倫也主演「珈琲いかがでしょう」の漫画から飛び出したようなメインビジュアルが完成2021/03/08

 テレビ東京系で4月5日からスタートする、中村倫也主演の連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」(月曜午後11:06)のメインビジュアルが公開された。

 ドラマは「凪のお暇」などで知られるコナリミサト氏による同名漫画を原作に、主演の中村、共演の夏帆、磯村勇斗で実写化。さらに、監督・脚本を映画「かもめ食堂」(2006年)などで知られる荻上直子氏が担当し、“奇跡のタッグ”が実現した。

 キャッチコピーは「一杯のコーヒーで、世界はがらっと変わるのかも——」。中村が演じる主人公の移動珈琲店「たこ珈琲」店主・青山一(あおやまはじめ)がさりげない言葉で人々を癒やす、優しくもほろ苦い“人情珈琲群像劇”を描く。

 このたび公開されたビジュアルは、まるで漫画から飛び出してきたかのような、どことなくほんわかムードが漂う青山と垣根志麻(夏帆)、ひとり怪しげな視線を送るぺいこと杉三平(磯村)で、まるで今後の展開を予見するようなデザインになっている。

 また、Paraviでは、各話放送終了直後よりオリジナルストーリー「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」が配信。ベールに包まれたぺいによる、ドラマ本編の続きの物語で、青山や垣根、青山が行く先々で出会う人物たちも登場する。

 なお、テレビ東京とテレビ愛知では、ドラマの見どころをいち早く紹介するオススメ番組が3月11日(深夜1:00)を放送。青山演じる中村をはじめとする出演者のインタビュー映像や撮影現場の様子を届ける。地上波放送終了後には、ネットもテレ東、TVer、ニコニコ動画、GYAO!、YouTube、Paravi(無料)でも配信される。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.