News ニュース

皆川玲奈が「報道特集」加入。Aimerの「ONE」が新テーマソングに決定2021/03/05

 2020年10月で放送スタートから40年を迎えた、TBS系の「報道特集」(土曜午後5:30)。3月6日の放送回から、同局の皆川玲奈アナウンサーがキャスターとして参加する。

 皆川アナは、16~19年まで「NEWS23」(月〜木曜午後11:00、金曜午後11:30)のサブキャスターとして数々の現場取材を行い、現在は朝の情報番組「はやドキ!」(月~金曜午前4:25)でMCを務めている。「報道特集」でも積極的に取材しながら、29歳の等身大の目線でニュースを追い、発信していく。

 3月6日の放送では、同局の「東日本大震災10年プロジェクト『つなぐ、つながる』」の取り組みとして、原発事故で全町避難を余儀なくされた福島県双葉町の今を取材。今も続く厳しい立ち入り制限。ごく一部、避難指示が解除された場所で見たもの、帰ることのできない住民たちの思いは? 皆川アナは、福島の歩みを膳場貴子キャスター、金平茂紀キャスター、日下部正樹キャスターと共に伝える。

 また、新たな番組テーマ曲にAimerの「ONE」が決定。Aimerは、11年にメジャーデビュー。以来、数々の楽曲がドラマ・アニメなどの主題歌に起用され、そのハスキーな歌声で独特の世界観を築いてきた。同曲は、爽快感あふれるメロディーはもちろん、学生たちがパワフルなダンスを繰り広げながら大きな旗を振り、思い思いに自分を表現するミュージックビデオでも話題となった。番組では「ONE」の聴く人を勇気づける歌詞に着目。皆川アナが加わり、新たな一歩を踏み出した番組が目指すものと重なることから今回の採用となった。

 皆川アナは「『報道特集』はディレクターもプロフェッショナルな方ばかりですし、ニュースの現場でまた新たな挑戦をさせていただけてうれしいです。これまで一視聴者として見てきた『報道特集』は、キャスターの方々の言葉の重みを感じる番組でした。感情を揺さぶるような言葉で、この人はこういう思いでニュースを捉えているんだと伝わってきます。私もアナウンサーとしてより言葉を大切にし、物事の本質を見る力を鍛えたいと思います」と歴史ある番組への参加に、意気込みは十分。

 Aimerは「『ONE』は、私自身が新しい一歩を踏み出したくて作った曲です。『報道特集』テーマ曲に選んでいただけて、とてもうれしいです。番組をご覧になる方の心が、この曲で少しでも軽く明るくなったら、さらにうれしく思います」と楽曲の起用を喜んでいる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.