News ニュース

東日本大震災から10年…GReeeeNが思いを込めた「蕾」を「NEWS23」で披露2021/03/03

 TBS系で3月4日放送の報道番組「NEWS23」(月~木曜午後11:00、金曜午後11:30)の音楽コーナー「news23 MUSIC」で、GReeeeNが書き下ろした「東日本大震災10年プロジェクト『つなぐ、つながる』」のテーマソング「蕾」をスペシャルバージョンで披露する。

 社会的なメッセージ・現象に寄り添う楽曲やアーティストの活動を紹介し、パフォーマンスをお届けしている「news23 MUSIC」。福島県で結成された4人組ボーカルグループ・GReeeeNは、全員が歯科医師免許を持ち、医療と音楽活動の両立のため顔を伏せて活動している。リーダーのHIDEは東日本大震災の際、発生翌月から、歯科医として相馬市で遺体の身元確認のための検死にあたった。津波で亡くなった被災者の遺体を検死する医師が不足しているという貼り紙を見て、手を挙げたという。その時の様子は、2016年3月の番組内で放送され、大きな反響を呼んだ。

 被災地に思いを寄せる同プロジェクトでは、3月6日から各報道番組や報道特別番組で、この10年のさまざまな思いや教訓を未来につないでいく。それに先駆け、「news23 MUSIC」では被災地の人々の声に耳を傾けるGReeeeNのHIDEの様子や、HIDEと内堀雅雄福島県知事、番組メインキャスターの小川彩佳の鼎談の模様も放送。さらに、作曲家・服部隆之氏によるスペシャルアレンジと生バンド演奏で「蕾」を届ける。

 GReeeeNは「多くの方々にとって、今も胸にある記憶、そしてさまざまな思い。実際に東北の皆さまの声や内堀福島県知事からお話をお伺いし、震災とそして10年という時間と向かい合いながら『蕾』という曲を作りました。厳しい冬を越えて、百の花が芽吹く春。百花繚乱。いくとせかの日、それぞれの春を待ちわびて、やがてひらく蕾のように」とメッセージを寄せている。

 「東日本大震災から今年で10年目となりましたが、先月13日にはまた大きな地震があり『油断してはいけない』と自然に訴えかけられた気がしています」と語る服部氏は、「そんな中、今回お手伝いさせていただく、GReeeeNさんの新曲『蕾』は、とにかく歌詞が素晴らしいと感じました。歌詞から『苦しみの後には幸せの芽が必ず出る』『今は蕾の時期だけど未来には必ず花が開くよ』というメッセージを受け取りましたので、それらの思いを『news23 MUSIC』をご覧いただく視聴者の皆さまにしっかりと届くように、歌詞の景色を思い浮かべられるオーケストレーションを心がけようと思っています」と意気込みを語り、「貴重な機会となる今回のGReeeeNさんとオーケストラサウンドのコラボレーションを存分にお楽しみください」と呼び掛けている。

 なお、「蕾」は3月4日から配信予定。インタビューのロングバージョンを含む「news23 MUSIC」コーナーは、Paraviでも放送後に見逃し配信される。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.