News ニュース

NHK福岡、開局90年記念ソングを制作!歌・作詞をMISIA、作曲をGReeeeNが担当2020/03/29

 NHK福岡放送局は12月6日に開局90年を迎えることを記念して「開局90年記念ソング」の制作を発表した。

 歌と作詞を担当したのは、福岡に深いゆかりのあるMISIA。そして、作曲はNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜午前8:00ほか)の主題歌で注目されるGReeeeN、編曲は人気音楽プロデューサーでありベーシストの亀田誠治が手がける。

 曲のタイトルは「好いとっと」。なお、この曲はNHK総合福岡で放送のニュース・情報番組「ロクいち!福岡」(月~金曜午後6:10)のテーマソングにも決定しており、3月30日の放送で“初お披露目”となる。

■MISIA(歌・作詞担当) コメント
「九州への“アイノカタチ”を歌にしました。歌詞は慣れ親しんだ方言で書いています。私は、長崎で生まれ、15歳から福岡に移り住み、周りの方も九州に縁がある方が多いので、自分のことを“九州ハイブリッド”だとも思っています。そんな故郷である九州の皆さんにこの歌を愛していただけたら本当にうれしいです。九州、好いとっと!」

■GReeeeN(作曲担当) コメント

「いろいろある毎日の中でも、ちゃんと幸せなことも起きていて、それを見つけ、一個一個を大事に部屋に飾るような気持ちをメロディーにのせてみました! どうか皆さまの毎日にハッピーを!!!」

■亀田誠治(編曲担当) コメント

「MISIAが歌うこの曲が、僕の大好きなまち“福岡”の毎日を元気いっぱい応援する音楽になりますように!」

■NHK福岡放送局・中村雅郎チーフプロデューサー コメント
「福岡に深いゆかりのあるMISIAさんに、福岡をテーマにした歌を書き下ろしていただきました。福岡で育ったMISIAさんが“しゃれとんしゃ”“トンコツバリカタ”などという福岡ならではの表現をふんだんに使い、歌詞を書き上げています。みんなで踊りたくなるようなアップテンポの曲調と、MISIAさんのパワフルな歌声は、聴くだけで明るい気持ちにさせてくれます。この歌が少しでも皆さんにエネルギーの源として届き、福岡から“元気”を発信できればと願っています」

 また、同局は2020年度ラジオの新番組として、4月3日からNHK‐FMで「六本松サテライト」(金曜午後11:00、九州・沖縄ブロック)をスタートすることも発表。番組のコンセプトは「六本松to the world」。同局のある六本松(福岡市中央区)から九州・沖縄地方の音楽シーンを盛り上げていくという意味込められている。

 パーソナリティーも豪華な布陣だ。第1~3週を担当するのは、DJ・栗田善太郎と、音楽プロデューサー・松隈ケンタ。福岡出身で音楽に“精通”した2人がディープなトークを繰り広げる。第4週は、九州を拠点に活動するアイドルユニット・九星隊(ナインスターズ)が担当。トークはもちろん、ライブ収録も行う。“ローカル”から“全国”へ…そして“世界”へ音楽情報を発信していくキーステーションとなり、地元で活躍する若手アーティストを応援していく。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.