News ニュース

「第71回NHK紅白歌合戦」初出場! SixTONES、Snow Man、NiziU、櫻坂46らが記者会見に登壇2020/11/17

 12月31日にNHKで放送される「第71回NHK紅白歌合戦」(午後7:30)の出場者発表会見が行われ、初出場歌手10組の中から、白組のSixTONES、Snow Man、瑛人、紅組のNiziU、JUJU、櫻坂46、BABYMETAL、miletが登壇し、喜びを語った。

 SixTONESのジェシーは「本当に感謝しています。まず一番に伝えたいのは、ファンの皆さまにありがとうということと、あとジャニー(喜多川)さんにも、ありがとうございますとお伝えしたい、という気持ちです。全力でパフォーマンスしたいと思っています。最強のSixTONESをお見せしたいです」と感謝と意気込みを伝え、田中樹は「年末の、本当にたくさんの方が見ている番組ということで、大勢のアーティストの方々のパフォーマンスの様子とかを、肌で、現場で感じられるというのは、僕たちはまだデビュー1年目なので、これから長く活動していく上で、いい刺激になるのかなと思います」と期待に胸を膨らませた。

 Snow Manの岩本照は「今年デビューさせていただいて、まさかその年に『紅白歌合戦』に出場できる日が来るとは本当に思っていなかったので、素直にうれしい気持ちと、びっくりした気持ちです。出させてもらうからには自分たちなりのパフォーマンスで、たくさんの人にエールを届けたいです」と語り、ラウールはまだ実感が湧かないようで、「僕たちがこの場所にいるのが、不思議というかふわふわした気持ち」と素直な心境を明かした。

 また、NiziUのRIMAは「私たち、2020年は本当に新しい挑戦がいっぱいあって、その年の最後に『紅白歌合戦』に出させていただくということで、本当にうれしい気持ちでいっぱいですし、最後にたくさん、いい思い出を作りたいと思います」と話し、MAKOは「初出場ということで、本当に今、とても緊張していますが、私たちの姿が勇気を与え、そしてまた、私たちのパフォーマンス一つ一つが、見てくださっている皆さまの心に響くといいなと思っています。一生懸命頑張ります」と初々しさたっぷりに抱負を述べた。

 欅坂46から改名し、櫻坂46としてのスタートをきったこの1年について、小林由依は「今年は世界的に大変な状況で、私たちもなかなか思うように活動できなかったのですが、改名という大きな決断をさせていただき、新しい一歩を踏み出す転機になるような1年でした」と振り返り、櫻坂46として初出場となることに、森田ひかるは「まさか出場させていただけるとは思わなかったので、とても驚きました。うれしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。いつも応援してくださる皆さまや『紅白歌合戦』で初めて櫻坂46をご覧いただく皆さまにも、櫻坂らしさあふれるすてきなパフォーマンスをお届けできるよう、精いっぱい頑張りたいです」と力を込めた。

 「香水」が今年を代表する1曲となった瑛人は「今年は“ドッキリ”みたいな1年。今もここを歩いたら落とし穴があるんじゃないか、みたいな気持ちでいます」と激動の1年を“ドッキリ”と表現し、「今から12月のことを考えると、ちょっとワクワクしちゃうんですけど、そのワクワクをいい感じに整えていきたいと思います」と大みそかに向け、思いを新たにする。

 さらに、デビュー17年目にして初出場となるJUJUは「私のような者が、大みそか、この歴史ある番組にお呼びいただいていること自体、大変恐縮ですし、本当にフレッシュな顔ぶれの中で、全くフレッシュじゃない私がここにいることに場違い感が半端ない」と身を縮ませつつも、「微力ながら皆さんに何か伝えられる歌が歌えたらいいなと思って、大みそかの本番は頑張りたいと思います」と意欲をにじませた。

 メタルダンスユニットとして、世界を舞台に活躍するBABYMETALは「普段はライブ活動を中心に頑張っているグループなので、テレビでよく見るすてきなアーティストの皆さんと一緒にテレビに出られるのがとても楽しみ」と感激し、「普段はメタルというジャンルの強い音楽をやっているので、こんな時だからこそメタルの力で皆さんに笑顔だったり、勇気だったり、そんなエールをおくれるようなパフォーマンスができたらと思っています」とコメントした。

 そして、miletは「私はまだデビューして日も浅く、新人なのですが、そんな私が『紅白歌合戦』という大きな舞台に立って歌わせていただけることを、本当に恐縮に思いますし、同時にとてもうれしく思います。心から心へ届く歌を歌えるよう、感謝の気持ちと愛を込めて、精いっぱい歌わせていただきたい」と真摯(しんし)にステージに立つことを誓った。

 そのほか、椎名林檎がボーカルを務める東京事変と、企画枠での出演となるGReeeeNからはコメントが到着。東京事変は「あらゆる約束がことごとく反故になった今年、お疲れのかたも多くおられるでしょう。大みそかくらい一つごゆるりと半笑いでお寛ぎいただけるような演目をご用意したい気持ちでおりますが果たして…どうなりますことやら。東京事変2020」と期待をあおる言葉で心境を表現。

 GReeeeNのHIDEは「歴史ある『紅白歌合戦』に出演させていただけて、うれしい気持ちでいっぱいです。今年は本当に大変な1年となりましたが、『星影のエール』という曲で皆さんが毎朝、少しでも安らぎを感じてもらうことができていたならうれしく思います。また、来年は東日本大震災から10年を迎え、福島で結成した僕たちとしてはこのような年の『紅白』に出演できることを感慨深く思っております。来年はこの長い夜が明けて、美しい朝が迎えられるように僕たちは音楽でエールを届けていきたいと思います」と気合を入れている。

【出場者一覧(カッコ内は出場回数)】

<紅組> 
あいみょん(2)/石川さゆり(43)/坂本冬美(32)/櫻坂46(初)/JUJU(初)/Superfly(5)/天童よしみ(25)/東京事変(初)/NiziU(初)/乃木坂46(6)/Perfume(13)/日向坂46(2)/Foorin(2)/BABYMETAL(初)/松田聖子(24)/MISIA(5)/水森かおり(18)/milet(初)/LiSA(2)/Little Glee Monster(4)

<白組> 
嵐(12)/五木ひろし(50)/瑛人(初)/Official髭男dism(2)/関ジャニ∞(9)/Kis-My-Ft2(2)/King & Prince(3)/郷ひろみ(33)/GENERATIONS(2)/純烈(3)/鈴木雅之(3)/SixTONES(初)/Snow Man(初)/氷川きよし(21)/福山雅治(13)/Hay! Say! JUMP(4)/星野源(6)/Mr.Children(2)/三山ひろし(6)/山内惠介(6)/ゆず(11)

<企画> 
GReeeeN(初)

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.