News ニュース

岡田圭右、入山杏奈、荻野由佳、森香澄アナが「はやぶさ2」の聖地を社会科見学!「テレ東はテレビ界の“JAXA”」2021/02/24

 テレビ東京系では2月28日に「世界一役に立つ!大人の社会科見学~世紀のプロジェクト!はやぶさ2成功の秘密~」(午後4:00)を放送。ロケを終えた後に、ますだおかだ・岡田圭右、AKB48・入山杏奈、NGT48・荻野由佳、テレビ東京・森香澄アナウンサーがオンライン取材に応じた。

 同番組は、前代未聞のプロジェクト・小惑星探査機「はやぶさ2」を生み出したゆかりの地を巡り、そこから浮かび上がる成功の秘密を探る散歩番組。岡田が先生役となり、生徒役の入山、荻野、森アナと共に「はやぶさ2」ゆかりのパワースポットや、成功までの難関を乗り越えた時の秘密に大きく関わる山、プロジェクトメンバーたちにとって大切なコミュニケーションの場だった飲食店、プロジェクトを束ねた功労者が息抜きに訪れた場所といった「聖地」を社会科見学として巡りながら、成功の秘密や奇跡を解き明かしていく。

 岡田は「はやぶさ2」の印象を聞かれると「あらためて驚いたのが、すべてがハンドメイドということ。本当に手作り感がいっぱいで、日本の匠(たくみ)が結集した姿なんだなと」と感激。また、入山も「ロケ前はニュースで報道されているな、ぐらいの遠い印象しかなかったんですけど、そのルーツをたどっていくと同じ人間が作り上げたものなんだなと。意外と身近なものだと思えたのが新しい発見でした」と語った。

 「宇宙に関して本当に無知で…」と明かしたのは荻野。「宇宙は私たちの手の届かないような不思議な空間というイメージで、『はやぶさ2』も最初は人が乗っていたと思ったぐらいでした。今日のお話は本当に分かりやすくて、寄り添いながら一つ一つ丁寧に教えてくださったので、すごく楽しめました」と、まさしく社会科見学を堪能した様子。

 さらに、九つの“世界初”を成し遂げ、まさしく夢をかなえた「はやぶさ2」のプロジェクトメンバーから金言という形でさまざまな言葉をもらった一同。その中でも印象に残った言葉を、岡田は「変人になることが新たな発想を生む」という金言をいただきました。『常識を超えるぐらいで初めて芸人は称えられる』とあらためて思いました」とかみ締めた。続けて「自分が変人だと思う瞬間は?」と質問されると、「ボケてこんなに一瞬でスタジオの空気が止まるかと(笑)。ある意味変人じゃないかと。まさしく無重力状態」と宇宙になぞらえた回答で笑いを誘った。

 森アナもこの金言には感じ入ったようで、「変な人の集まり、ある種動物園のような集まりから突発的なアイデアが生まれるというのはテレ東にもつながるなと思いました。私もその変な人の1人だと受け入れて、会社に貢献できるようになりたいなと思いました」と決意を述べると、すかさず岡田も「たしかにテレ東さんはそういうところがある!」と同意。「工夫をこらすし手作り感も満載やし、テレビ界のJAXAやな!」と褒め称えた。

 最後に、岡田が「今回宇宙に関わるスペシャリストの人たちに出ていただいていますが、宇宙人の存在についても衝撃的なことを言っています! 本物のスペシャリストがですよ! ぜひこちらも楽しみにしてご覧になってください」とさらなる見どころに触れ、締めくくった。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.