News ニュース

吉沢亮主演、渋沢栄一の生涯を描く「青天を衝け」の完全ガイドブックが発売!2021/01/29

 約500もの会社に関わり、また約600の社会公共事業にも携わった、近代日本資本主義の父・渋沢栄一。その91年にわたる波乱に満ちた生涯を描く、2021年大河ドラマ「青天を衝け」完全ガイドブックが1月29日に発売される。

 ドラマの脚本を手掛けるのは「不機嫌なジーン」で第23回向田邦子賞を受賞、連続テレビ小説「風のハルカ」「あさが来た」などを手掛けた大森美香氏。主人公・渋沢を演じるのは、今最も注目される若手俳優の1人、吉沢亮。本誌では主演の吉沢をフィーチャーするクローズアップインタビューのほか、共演者やドラマの魅力をさまざまな角度から紹介する。

【リリース情報】

NHK大河ドラマ「青天を衝け」完全ガイドブック
1月29日発売
1,100円(本体価格)+税

■「青天を衝け」人物相関図

■クローズアップインタビュー 吉沢亮

■キャストインタビュー 
高良健吾 橋本愛 田辺誠一 満島真之介 岡田健史 和久井映見 小林薫/草彅剛 岸谷五朗 大谷亮平 要潤 木村佳乃 玉木宏 堤真一 竹中直人 etc.

■ストーリーダイジェスト 
幼少期を過ごした血洗島(現埼玉県深谷市)時代から、尊王攘夷の思想に燃える青年期、そして一橋家仕官までドラマ前半の見どころを分かりやすく紹介。

■スタッフインタビュー 
大森美香(脚本)、佐藤直紀(音楽)、黒崎博(演出)etc.

■時代ガイド「渋沢栄一の足跡」 
幕末・維新・明治~昭和へと駆け抜けた栄一の足跡を、関連したキーマンたちとともに振り返る。

■渋沢栄一のゆかりの地を訪ねて 
出生地の血洗島、一橋家仕官時代に過ごした京都、明治新政府に勤務した東京、退官後、民間のビジネスマンとして事業に関わった地など。その他、徳川慶喜や尾高惇忠など栄一を取り巻く人物のゆかりの地も紹介する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.