News ニュース

松本潤が「明治チョコレートのテーマ」を初披露♪ マジックにも挑戦!2020/12/22

 松本潤がCMキャラクターを務める「明治ミルクチョコレート」の新CM「チョコレート鉄道の旅・クリスマス」篇が、12月25日から全国でオンエアされる。

 「明治ミルクチョコレート」の“ずっとかわらない優しさ”をテーマに作られたCMは、チョコレートの惑星を旅する松本が、汽車の中で幼い兄妹と出会うというショートストーリー。10年間CMキャラクターを担当する松本が、初めておなじみのCMソング「明治チョコレートのテーマ」(作詞・作曲/いずみたく)を披露するほか、「明治ミルクチョコレート」を使ったマジックに、代役やCGなどを使わずチャレンジするなど、見どころ満載だ。

 新CMは、“「明治ミルクチョコレート」の歴史をあらためて描き出すこと”がコンセプト。チョコレートの惑星を走るクラシックな汽車の客車で、旅を満喫する松本が車窓の風景を眺めながら「チョコレート、チョコレート、チョコレートは明治〜♪」と、どこかノスタルジーを感じるおなじみの歌を歌いながら、手に持ったミルクチョコレートを一瞬でチケットに変えて検札中の車掌に見せる。近くで松本を見ていた幼い兄妹が、松本の口ずさむ歌に反応し「それ、ママも歌ってた」「ママのママも」と話しかけてくると、松本はチケットに変えたミルクチョコレートをまたチョコレートに戻し、そこからチョコレートを2枚に増やすマジックを披露。その後、「一緒に食べよ」とミルクチョコレートを兄妹に渡し、3人でチョコレートを楽しむという内容。このマジックは、松本本人が特訓を重ね、特撮なしで一発撮りでチャレンジ。ぜひ注目してほしい。

 撮影の前、マジックを映像で見た松本は「難しいなぁ…」と少し険しい顔を見せるも、客車のセットに入り、プロのマジシャンに指導を受けると、あっという間にマスターし、スタッフを驚かせた。監督が松本の上達ぶりを褒めると、照れくさそうな顔で「できるようになってる気がしない。みんなうそついてるように思える(笑)」とポツリ。また、演技を加えながら、20分間、猛特訓して挑んだ本番では、見事に一発で成功。「ふ〜」と、大きく息をついた松本は「運だけでここまで来たからね。たまたまできちゃうから、無理なスケジュールが組まれちゃう」「緊張で脳の血管が何本も切れてます」と冗談交じりに話し、場を和ませた。

 CMの後半で見せる、切符に変えたチョコレートを元に戻した上に、さらに2枚に増やすというレベルの高いもの。調子の出てきた松本は「もっとこうした方がパッケージが見えやすいですか?」と、カメラマンにチェックするなど、クオリティーを上げることに力を入れていた。そんな松本に監督が「(自分で)ハードル上げますね〜」と笑いながら声をかける中、いざ本番へ。本番では、撮影もスムーズに進み、特訓の成果を確実に見せた。

 松本と兄妹がCMで乗っている汽車は、メルヘンな世界とリアルをバランスよくさせるため、横型に製作されたもの。チョコレートの惑星に敷かれたレールを、汽車がガタゴトと進んでいく動きを再現するため、撮影当日も現場で改修を行うほどこだわりを追求。チョコレートをイメージした20を超える惑星も、実際に横型をつるして撮影し、スタジオに入った松本は、その完成度の高い仕上がりに興味津々。

 「チョコレートは明治〜♪」と歌いながらチョコレートを食べるシーンは、長年CMキャラクターを務める松本らしく、即OKテークとなったが、松本は「もう一度やらせてください。もっとうまく食べられる気がする」と再度挑戦。1回目よりおいしそうな表情を撮ることができ、これをもって撮影が終了した。

 CM撮影後に行われたインタビューで、「今回はびっくりしました! まさか私がマジックをやるとは…」と感想を述べ、スタッフから「もしかして…『MJ』のMはマジシャンのMですか?」と聞かれ、「そうかもしれませんね〜(笑)。切符が(チョコレートに)変わるという手品ですが、割と練習しましたね。本番はうまくいきましたね、たまたま(笑)。それをしっかり(映像に)収めていただいているのでよかったです」とニッコリ。

 今回の撮影については「僕はなんといっても『明治ミルクチョコレート』のCMをずっとやらせていただいてますけど、『チョコレートの歌(明治チョコレートのテーマ)』を初めて歌わせてもらったんですよ! だから今回は、記念すべきCMです。すごくテンション上がりました。歌っていいんだ…って。そちらもぜひ、お楽しみください」とアピール。

 CMのテーマ“ずっとかわらない優しさ”にちなみ、「変わらない優しさをくれた人は?」という質問には、「やっぱり両親じゃないですかね…だいぶヤンチャでしたし。ウチは放任主義というか『人に迷惑をかけないなら自分の思ったようにやりなさい』という育て方だったので、自由に育ててもらったのが大きかったんじゃないですかね、振り返ると。あとは照れくさいけど、(嵐の)メンバーとか…そういうことになってきますね」と明かした。

 新CMのスタートがクリスマスということで、「(クリスマスの思い出は)コンサートになっちゃいますね〜、最近でいうと。もう毎年のようにコンサートをやらせてもらってたし、毎年のように相葉(雅紀)くんの誕生日を祝ってきたんで(笑)。クリスマスっていうとパーティーをしたっていうよりも、相葉くんの誕生日を祝い、コンサートで『メリークリスマス』と言う過ごし方が、最初に浮かびますね。ここ10年弱くらいは、毎年のようにやらせてもらってたので。だから、そのイメージですね」と語った松本。今年のクリスマスは「おそらく仕事してるでしょうね…。というか、仕事をしていたいですね(笑)」と言い、さっそうとスタジオを後にした。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.