News ニュース

横浜流星が“ダースの日”に「EAT WITH EVERYONE」イベントに登場!“レアダース”に大喜び♥2020/12/15

 森永製菓株式会社のチョコレート「ダース」のCMに出演中の横浜流星が、12月12日の「ダースの日」を記念し、行われたSNSライブ配信イベント「EAT WITH EVERYONE」に参加した。

 横浜はまず「短い時間ですが、最後までよろしくお願いします!」と生配信を見ているファンにあいさつし、「それでは、ダースの日スペシャルイベント『EAT WITH EVERYONE』スタートです!」とタイトルコール。今年も残りわずかということで「身の周りの環境がすごく変わって、いろいろなことを考えられた年でした」と、1年を振り返った横浜は「お仕事もまだまだいけます!」と来年の抱負を述べた。「ダース」のイメージキャラクターを2年連続で務めていおり、「今回のCMでは、僕は若手カメラマンを演じました。忙しい日常の中で、ふと手を止めて、『ダース』を味わいます。おしゃれな印象のCMになっています」とCMの見どころにも言及。

 今回、横浜に聞きたいことを事前にTwitter上で募集。ファンから寄せられ質問が書かれた紙を、質問ボックスの中からランダムにセレクトし、それに答えるという企画にもチャレンジした。

 「『ダース』の何味が一番好き?」という問いには、「『イチゴ味』が好きです。もともとイチゴが好きなのですが、『ダース』はチョコとイチゴの二層構造になってるんですよ、皆さん知ってましたか? だからよりおいしいんです」とニコリ。また、「CMを撮影した時に印象に残っていることは?」という質問には、「カメラマン役だったのですが、現場によく写真を撮ってくださっているカメラマンがいたのでアドバイスをいただきました。そのおかげでさまになったと思います」と裏話も明かした。

 イベントが行われた12月12日の12日後はクリスマスイブということで、予定を聞かれ、「残念ながら仕事です。イルミネーションを見に行きたいですけどね~!」と答えた横浜。「1日役者を休んでほかの仕事をできるとしたら、どんな仕事をしたい?」という質問には、「父が大工なので、大工をやってみたいです。一軒家を建てたい。でもあんまりセンスないんで、不思議な独特なものができてしまいそうです」と回答した。

 横浜はほかにも「流星くんのリフレッシュ方法は? また、モチベーションを上げる方法は?」「1人時間の過ごし方は?」「レアダースの刻印をデザインできるとしたら、どのようなデザインにしたい?」など、さまざまな質問に真摯(しんし)に応じ、最後には「皆さんもコメントたくさんありがとうございます」と、企画に参加してくれたファンへ感謝の気持ちを口にした。

 質問コーナーの後は、「ダースの日」にちなみ、12:12に生配信を視聴するファンと一緒に「ダース」を食べる「EAT WITH EVERYONE」企画を実施。まず、ミルク味のダースを開けると、そこには何箱かに一つの確立でしか入っていないという、チョコレートの刻印が異なる“レアダース”が。“レアダース”を見つけた横浜は「ラッキーです!」とうれしそうな顔で喜んだ。

 その後、自身が出演するCMと世界感を共有するWEB限定ムービー「EAT WITH RYUSEI」で紹介する、「ダース」の特別な食べ方にならって試食し、12:12になる5秒前に「5、4、3、2、1」とカウントダウンし、あらためて味わった。「ダース」を楽しんだ後は「皆さんもやってくれましたかね? ゆっくりと味わって食べました、おいしかったです! 目をつぶっていたのが恥ずかしかったですが、皆さんもつぶっていたと思うので大丈夫ですね!」と感想を語った。

 最後に、「2021年も皆さんに楽しんでいただけるような年にしたいし、役者として皆さんの心を動かす作品を作っていきたいです。皆さんも忙しい日常が続くと思いますが、先ほど一緒に『ダース』を食べた食べ方で一粒大人を休みましょう」と、再び来年の意気込みを語り、笑顔でイベントを締めくくった。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.