News ニュース

横浜流星がぬいぐるみを収集!? 占い師に・天星術師・星ひとみに趣味を見抜かれる2020/10/20

 横浜流星が、フジテレビ系で10月21日放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(水曜午後10:00)にゲスト出演する。

 同番組は、すご腕占い師が街で出会った人たちを突然占い、令和時代のリアルに切り込んでいく、あるようでなかった新しい“占い番組”。今回は、目下大活躍中の横浜が、巫女(みこ)の血筋を引く天星術師・星ひとみと対面。かつては占いに懐疑的で「“なんで他人に自分の人生が分かるんだ”と思っていた」にもかかわらず、一度占ってもらった時に考えが変わり、“占い肯定派”になったと明かす横浜。収録前から「すごくワクワクしています」と期待に胸を膨らませる。

 その横浜の期待に応えるかのように、「不器用で頑固」「物事を考えすぎるところがある」と生来の性格を見抜いていく星。さらに、幼い頃は泣き虫だったという過去や、特技の極真空手を始めた時期、スカウトされて芸能界入りした時期、横浜のブレークのきっかけとなった、戦隊ヒーロードラマのオーディションに合格した時期など、人生のターニングポイントとなった時期を心境も含めて、次々と的中させる。

 また、あるキャラクターのぬいぐるみを集めているという意外な趣味を見抜かれた横浜が、自分もそのキャラクターが好きだという星と意気投合し、話が脱線してしまう一幕も。星が横浜は母親の影響を強く受けていると指摘すると、横浜自身も貴重なエピソードを語る。さらに、恋愛運・結婚運も鑑定。「自分では結婚は早い方だと思う」という横浜に対し、星は「××歳に結婚すると幸せに導かれる」と具体的な時期を挙げる。「一番合っているのは、××××みたいな女性」とまたしても具体的なアドバイスを授ける。

 そのほか、同局の宮司愛海アナウンサーを博多の人気占い師・木下レオンが、番組に応募してきた東京在住の年の差カップルをオリジナル占術「五星三心占い」の開祖・ゲッターズ飯田が鑑定。木下は、リモートで福岡に暮らす一般人女性も占う。それぞれの占いを通じて浮き彫りになる人生ドラマに、スタジオで見守る“フォーチュンウォッチャー”の沢村一樹、水野美紀、みちょぱの3人も興味津々。盛りだくさんのラインアップでおくる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.