News ニュース

神木隆之介、草刈正雄主演「おじさまと猫」の愛猫・ふくまるの声で出演決定2020/11/25

 テレビ東京ほかで、2021年1月6日からスタートするドラマParavi「おじさまと猫」(水曜深夜0:58)で、主人公・神田冬樹(草刈正雄)の愛猫・ふくまるの声で神木隆之介の同局初レギュラー出演が決定した。

 本作は、累計140万部を誇るインターネットを中心に爆発的な人気を呼んでいる、桜井海氏の大人気コミックを連続ドラマ化。誰かに愛されたかった、おじさまとネコのハートフルストーリー。妻に先立たれて以来、ふさぎこんだ日々を送っていた世界的有名ピアニスト・神田は、ある日ペットショップで売れ残っていたブサネコのふくまると出会う。動物が苦手にもかかわらず、一目でひかれてしまった神田は、思わず「このネコをください」と告げ、その瞬間から愛されることを諦めていたネコと孤独だったおじさまの心温まる日々が紡がれていく。

 神木は「台本を読んだ時、すごく心が温かくなり、そしてかわいらしいストーリーだなと思いました。主人公の“おじさま”は、すごくキュートな方でどんどん心が溶けていく、おじさまの時間が動いていくさまが気になりますが、対して、ふくまるは、純粋で真っすぐな子だと思いました。最初は卑屈な子なんですが、おじさまと同じようにキュートな子という印象でした。そんなふくまるを声で演じるということで、どのくらいキャラクターとしてしゃべるのか、実写との温度差、ふくまるの動きなどを見つつ、声のトーンや言い回しを、フィクションなんだけど、すっと受け入れてもらえるような、ノンフィクションさを出せたらいいなと思って演じました」と本作の印象と役づくりに触れた。

 さらに「ペットショップで不遇な思いをしていたネコ、ふくまるを救ってくれたおじさまという存在は、何か、直感で通じ合うものがあったのかな〜と思います。それは心の穴の空き方なのか、どこか根底にある同じ時の進み方なのか、そこの直感でふくまるだと言ってくれたおじさまは、本能的であり動物的直感で選んでくれたのかなと。『紳士でおちゃめなおじさまと、お供できてよかったね! ふくまる』って気持ちです」と早くもふくまるにシンクロし、「このドラマは、とにかく、キュートな物語です。ただ、それだけでなく、ヒューマンドラマでもあり感動もある家族のお話なので、ぜひ心温まっていただけたらうれしいです」と視聴者へメッセージを寄せた。

 同局の濱谷晃一プロデューサーは「クランクイン前に読み合わせを行ったのですが、神木さんの演じるふくまるの声を聞いて、草刈さんが笑顔で『素晴らしい』と拍手をしたのが印象的でした。ふくまるが神木さんによって命を吹き込まれる瞬間を見た気がしました。テレビ東京の1時台の深夜ドラマに、草刈正雄さん×神木隆之介さん。ぜいたくすぎて夢を見ているようです。ぜひ、皆さん1月の放送をお楽しみに!」とアピールしている。

 なお、本作は地上波での放送に先駆けて、Paraviで1月1日午後9:00から独占先行配信予定だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.