News ニュース

家入レオの新曲が「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」主題歌に。作詞・北川悦吏子&作曲・川上洋平による奇跡のコラボ2020/11/25

 家入レオの「空と青」が、日本テレビ系で2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(水曜午後10:00、開始日未定)の主題歌に決定した。

 本作は、2018年のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」以来の連ドラとなる北川悦吏子氏が脚本を手掛けるラブストーリー。“恋愛小説の女王”と呼ばれたシングルマザーの恋愛小説家・水無瀬碧(菅野美穂)とその娘・空(浜辺美波)が、「私たち、恋をしよう!」と決意。恋から遠ざかってきた少女のような天然母と、しっかり者のオタク娘の“トモダチ母娘”の、エキサイティングな恋物語を描き出す。空の彼氏候補役で岡田健史、碧の恋人候補役で、沢村一樹、[Alexandros]の川上洋平、くりいむしちゅーの有田哲平も出演する。

 ドラマのために書き下ろされた新曲「空と青」は、主人公である水無瀬碧の“碧(青)”、そして娘の水無瀬空の“空”がタイトルにも表されているように、物語のテーマとなる“母娘のラブストーリー”にぴったりと寄り添った、切なくも心が温まるミドルナンバー。

 作詞を同ドラマの脚本を担当する北川悦吏子、作曲を同ドラマにてテレビドラマ初出演となるロックバンド・[Alexandros]のボーカル&ギターの川上洋平が担当。そしてドラマ主題歌11作目を数える家入レオが歌唱するという、豪華なコラボレーションが実現した。同曲は、本日11月25日に日本テレビ系で放送される「ベストアーティスト」(午後7:00)で最速初披露される。

 家入は「脚本家・北川悦吏子さんの言葉と、[Alexandros]川上洋平さんのメロディー。多才なお二人とのクロスオーバー。自分の心がどう呼応していくのかな、と思っていた矢先、街で偶然川上さんにお会いしました。その時、目に見えない流れを感じ、心が感じるままに歌おうと思いました。北川さん作詞の『空と青』。仲間はずれをつくらない愛であぐれています。このドラマとともにあったかいまあるい気持ちを届けられますように」と思いを伝える。

 楽曲を聴いた主演の菅野は「大切な誰かを大切だと思うことのすがすがしさと切なさが、軽やかなのに胸に迫ってきて、聞いていて息が止まってしまうほどの鮮烈さでした。お三方それぞれの素晴らしい才能が折り重なり、奇跡の輝きを持つ曲が生まれたと思います!!」と大絶賛。

 そして、作詞を務めた北川は「[Alexandros]・川上洋平さんのメロディーに、家入レオさんの歌声。ここを、どうつなぐか?を必死で考えました。ドラマの当て書きと同じです。洋平さんのメロディーも家入さんの歌声も唯一無二のものです。私の歌詞もそうあらねばと思いました。三位一体となった主題歌『空と青』が、誰かの心の深くに届きますように。あ、歌詞の中に、“空”と“青”という言葉がいくつ出てくるか、探してみてださい」とメッセージを寄せる。

 さらに、作曲を担当した川上は「北川さんの脚本を読んで、レオさんのCDを一晩中ドライブしながら聴いて。お二人のエキスを体に染みわたらせたら、いつの間にか曲が浮かんでました。すてきな曲になりました。届けー」と呼びかけている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.