News ニュース

草彅剛の妻役で吉田羊、同級生役で矢田亜希子が出演。東日本大震災 被災者の10年描くドラマで共演2020/11/18

 草彅剛主演で、2021年3月にNHK BSプレミアムとNHK BS4Kで放送される宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」(放送日未定)に國村隼、吉田羊、矢田亜希子らが出演することが決まった。

 同作はNHK仙台拠点放送局制作で、東日本大震災から10年の節目に、被災者の揺れ動いてきた心のリアリティーをドラマを通して見つめるもの。草彅が演じるのは、宮城県牡鹿半島の海を望むイタリアンレストラン「paradiso(パラディーゾ)」のオーナーシェフ・小野寺潔。東日本大震災でレストランを津波に流され自暴自棄の生活に陥るが、震災から10年となる2021年3月11日に再開した店に仲間たちを招き、特別な思いを込めたある宴を開く。

 國村は東京から支援で被災地に来た整形外科医・佐々木春文を、吉田は潔の妻・灯里を、矢田は潔の高校の同級生で美容師の阿部より子をそれぞれ演じる。そのほか富田望生、一色洋平、齊藤夢愛、蒼波純らが出演する。

 國村は「十年一昔…もう、その節目を迎えようとしているんですね。そんな今、世界中が新型コロナウイルスのパンデミックに見舞われています。人間の力が及ばぬ大きな災いに出くわした時に、人はどうなって、何ができるのか? そしてその時に受けた傷をどう癒やしていくものなのか? 3・11震災を経験した人々の〈十年後の再会〉。人間の弱さと強さ、そして優しさが伝われば良いなぁと思ってこのドラマに参加します」と感慨。

 吉田は「10年の時を経て、あの日について、あれから10年について、被災者の皆さまの思いを取り次ぐ役目をいただきました。皆さまにとっての大切な誰かを、精いっぱい演じさせていただきます」と意気込む。また矢田は、「被災された方々のこの10年間の思いをドラマを通じて演じるというのはとても苦しくて難しいことだと思います。私は“阿部より子”という地元で生まれ育った女性に寄り添ってしっかりと演じられるよう努めたいと思います」とコメント。

 そして脚本を手掛ける⼀⾊伸幸氏は、「初めて東⽇本⼤震災の被災地に⾏ったのは、2011年夏。ダイバーとして、あの津波があった海の中をのぞくためでした。その旅以降、東北に知り合いが増え、ひとりは僕の家族にもなり、まもなく10年になるご縁を紡いできました。彼らに『贈る⾔葉』を、精いっぱい書きます」と話している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.