News ニュース

草彅剛、東日本大震災テーマにした宮城発地域ドラマに主演。「少し緊張しています」2020/11/12

 草彅剛が、2021年3月にNHK BSプレミアムとNHK BS4Kで放送予定の宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」(日時未定)に主演する。

 来年3⽉で東日本大震災から10年が経つ。時間の経過とともに何が変わったのか。本作では、ドラマという形で、揺れ動いてきた被災者の心のリアリティーを見つめる。一色伸幸氏が脚本を手がける、苦難があっても前向きに人生を送れるかもしれない――そんな気持ちになれる、極上の群像劇だ。

 草彅が演じるのは、宮城県牡鹿半島の海を望むイタリアンレストラン「paradiso(パラディーゾ)」のオーナーシェフ・小野寺潔。東日本大震災でレストランを津波に流され、自暴自棄の生活に陥るが、震災から10年目となる21年3月11日に、再開した店に仲間たちを招き、特別な思いを込めたある宴を開く。

 草彅は「宮城発地域ドラマ『ペペロンチーノ』に出演のお話をいただきとても光栄に思います。それと同時に被災された方の役を初めて演じることになり少し緊張しています。台本に込められた思いを、小野寺潔の10年間を演じることを通して皆さまにお届けできるよう頑張ります」と意気込んでいる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.