News ニュース

「七人の秘書」にmiletがゲスト出演。大島優子との共演に「ときめいてしまいました」2020/11/15

 シンガー・ソングライターのmilet(ミレイ)が、自身が主題歌を担当しているテレビ朝日系連続ドラマ「七人の秘書」(木曜午後9:00)の11月19日放送・第5話にゲスト出演する。

 本作は、目立たないことを極意とし、要人に仕える名もなき秘書たちと、その元締めとなる影の男が、副業の人助けで非情な権力者たちを一掃し、理不尽だらけの日本社会を裏で操り変えていく痛快ドラマ。木村文乃、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介が“影の仕事人”に扮(ふん)し、人知れず悪の存在を潰していく。miletは「Who I Am」と「The Hardest」で、本作のダブル主題歌を歌っている。

 今回ドラマ初出演となるmiletが演じるのは、キーボードで弾き語りをするストリートミュージシャン役。東京都知事の秘書・風間三和(大島)が、ある出来事がきっかけでいつになく落ち込んでいるところに登場し、美しい歌声を披露する。

 撮影現場では大島から「ドラマは初めてですか?」と声を掛けられる一幕もあり、「はい。緊張しています…」と話していたmilet。しかし、終始和やかなムードの中で行われた撮影が無事終了すると、大島に「1話も2話も面白かったです!」と感想を語った。大島も「すてきな歌声をありがとうございます」と、主題歌とゲスト出演で作品を盛り上げてくれるたことへの感謝の気持ちを伝えていた。

 miletは「ドラマ出演も、ストリートライブも初めての経験でした。多くのスタッフの方やエキストラの方、そして何より大島優子さんがすぐそばにいらっしゃって緊張しました。想像していたよりもずっと現場の雰囲気が和気あいあいと楽しそうで、すぐにリラックスできました。大島優子さんのシーンの邪魔にならないよう、心を込めて『The Hardest』を歌うことだけを意識しました。撮影後に優子さんと少しお話しすることができ、とっても優しくかれんな方でときめいてしまいました」と、出演の喜びを語っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.