News ニュース

亀梨和也がクライムサスペンス「レッドアイズ 監視捜査班」で主演。愛する人の命を奪われた元刑事に2020/11/15

 KAT-TUNの亀梨和也が、日本テレビ系で2021年1月にスタートする連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(土曜午後10:00、開始日未定)で主演を務めることが分かった。

 ドラマは、愛する人の命を奪われた元刑事と天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、国内に500万台あるといわれる監視カメラを駆使した科学捜査によって、凶悪な連続殺人鬼に迫っていくスリリングなサイバークライムサスペンス。亀梨は、愛する恋人を殺害した連続殺人鬼を追う、特別捜査官・伏見響介を演じる。伏見は、かつて神奈川県警捜査一課で敏腕刑事として名をはせていた男で、普段はクールだが、捜査になると情熱的な姿を見せるキャラクターだ。

 物語の舞台となるのは、実在の警察組織であるSSBC(警視庁捜査支援分析センター/サイバー犯罪対策室+鑑識+科捜研を分離合併させたような組織)をモデルとした架空の組織・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)。全国で500万台ある監視カメラやNシステムやネット解析・画像分析など、日本国中から集まるビッグデータを駆使して犯罪捜査にあたる同組織の映像化は、今作が初。最新の科学情報捜査がスピーディーでスリリングな物語を生み出していく。

 2017年の「ボク、運命の人です。」以来、4年ぶりの「土曜ドラマ」枠への出演となる亀梨は、「久しぶりに土曜ドラマへ出演させていただけるとのことで、非常に楽しみにしています。10代の頃からお世話になっている思い入れのある枠でもあるので、心して準備していきたいなと考えています」と意気込みを語る。

 演じる伏見については「愛する人を殺されてしまったという過酷な過去を持っているキャラクターで、とても難しい設定なのですが、プロデューサーさんや監督さんと相談しながら、作り上げていきたいと考えています」とコメントし、「撮影はこれからになりますが、皆さんへ土曜の夜10時にすてきなエンターテインメントを届けられるように撮影に挑んでいきたいと思いますので、ぜひ楽しみに待っていてください!」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.