News ニュース

亀梨和也、奈緒に男前エピソードを披露され照れ笑い2020/07/27

 8月28日に全国公開される映画「事故物件 恐い間取り」の完成記念イベントが行われ、主演の亀梨和也、共演の奈緒、瀬戸康史、江口のりこ、木下ほうか、中田秀夫監督が登壇した。

 亀梨が演じるのは、テレビ番組への出演を条件に、事故物件に住むことになった売れない芸人・山野ヤマメ。瀬戸康史演じる相方・中井大佐とは10年間コンビを組んでいるという設定だ。初共演という2人だが「“初めまして感”があまりなかった」(亀梨)、「めちゃくちゃやりやすかったです」(瀬戸)と息ぴったりの様子だった。

 亀梨が「瀬戸くんとの漫才シーンの稽古を重ねました。どうやったら空回り感が出るか、そういうこともしっかり掘りつつ、ね!」と言うと、瀬戸は「ね! めちゃくちゃ稽古したんです、僕たち。でも、大部分カットされちゃったんです」と仲むつまじく見つめ返す、アツアツぶりを見せた。共演の奈緒や木下からは「2人のネタは面白かった」と好評だったが、中田監督が「(ネタの)完成度が高かったのですが、あまり面白くなりすぎると(設定が)おかしくなる」との判断でやむを得ずカットした事情を明かした。

 今回は、売れない芸人の設定のため「お客さんの前で全くウケない」という貴重な経験をしたという亀梨。「これまで芸能生活20年以上ですけど、ステージに立って、ああいう(冷たい)視線を浴びることがあまりなかったので…。何をやっても響かないっていうのが一番怖かったです。恐怖でした」と、映画のテーマである“恐怖”になぞらえて振り返った。

 また、奈緒が亀梨から焼肉弁当をプレゼントされて感激したという“男前エピソード”を披露すると、亀梨は報道陣に向かって「ぜひ皆さん、(新聞の)一面で…」とコメント。「カッコよすぎますよ。出ちゃいましたね、スター性が」と瀬戸が盛り上げると、「自分自身に恐怖を感じています」と照れ笑いを見せた。

 イベント後半では、原作者である“事故物件住みます芸人”の松原タニシがリモートで参加し、事故物件でもある自身の自宅から生中継をすることに。その途中、映像が乱れて会場が暗転。さらに、電気が付くと、松原の自宅にあったはずの2体の人形が会場に現れるという、スタッフが仕掛けた怖い演出が。驚いた一同だったが、次の瞬間、亀梨は「(人形の)髪の毛をセットして奇麗にしてあげたい」と発言し、奈緒もそれに賛同。すかさず亀梨は「今回(奈緒は)ヘアメークさんという役どころですからね」とフォローする。これらの一連のやりとりで、会場は恐怖から一転、和やかなムードに包まれた。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.