News ニュース

千葉雄大が二股中の恋人と同時にオンラインデートで四苦八苦!SPドラマ「ダブルブッキング」2020/06/13

 日本テレビでは、千葉雄大が主演するリモート制作によるスペシャルドラマ「ダブルブッキング」(午後1:15、関東ローカル)を、6月28日に放送する。千葉は「久しぶりのドラマ撮影ということもあり、周りのスタッフの方たちに笑われるぐらい、すごく緊張しています(笑)。でも、台本を読む時間もうれしかったですし、いきなりフルスロットルな作品なので、頑張って全うしたいと思っています」と気合が入っている。

 ドラマは、すべてのストーリーがパソコンの画面内で展開する、新感覚のだまし合いエンターテインメント。二股をかけていた主人公の雄二(千葉)が、オンラインデートをダブルブッキングしてしまったことから物語はスタート。2人の恋人・彩(佐津川愛美)とマヤ(奈緒)と別々のパソコンでつながり、両者を行ったり来たりしながら、何とかごまかそうとする雄二だが…。ドタバタコメディーと思いきや、ラスト3分にはまさかの大どんでん返しが待ち受ける。

 リモート制作となった本作だが、ほかのリモートドラマとは異なり、パソコン画面全体を使った画面構成が特徴。単なるビデオ通話映像でなく、パソコン画面全体を映すことで、登場人物たちがビデオ通話をしつつ、一方では別の人とメールでやりとりをしたり、SNSを見たり、ネットショッピングをしたり、さまざまな表現が可能に。「画変わりしない」というリモートドラマの難点を克服し、表現の幅も一気に広がった作品に仕上がっている。

 学生時代はさえなかったが、社会人になってベンチャー企業を立ち上げ、急にモテるようになったため、イケメンなのに女性の扱いには不慣れな雄二を演じた千葉。物語について「オンラインというのは、皆さんも経験があると思うんですけれど、タイムラグがあったり、通常の会話だったらスルーされることも、ちょっと違った受け取り方になったりもしますよね。そういった“オンラインならでは”のハプニングが作品中にたくさん反映されていて、そこがとても面白い作品だと思いました」と感想を話す。

 共演の2人については「佐津川さんとは何度もご一緒していますし、同い年でもあるので、すごく頼もしく感じています。奈緒さんは、最近も同じ映画に出演しているんですが、直接ご一緒するシーンはなかったので、今回共演できてうれしいです。このドラマは登場人物が少ないんですけれど、その分すごく濃厚な関係性が描かれていて、そこも見どころだと思います」とコメント。

 また「自粛期間中はなかなか髪を切りに行くこともできない状況でしたが、そんな中『自分で髪を切るから見てほしい』という友人がいまして。みんなでその人が髪を切っているのを眺めるっていう謎の会がありました(笑)」と自身のオンライン上でのエピソードを明かし、「ダブルブッキング」の経験については、「昔、友人とご飯を食べている時に、次の予定を入れていて『次があるから行くね』と言ったら、『俺と飲む日に次の予定を入れるとは何ごとだ!』と怒られてしまって…。 それから1日1件と決めるようになりました(笑)」と振り返る。

 そして「オンラインと聞くと、あまり登場人物が動かないイメージがあると思いますが、今回僕が演じる雄二は、二股をごまかそうとした結果、自分で自分の首をしめてしまい、家の中を縦横無尽に動かざるを得ない状況に追い込まれるんです。もう、アスリートかな?って感じで行ったり来たりしているので、そのあたりも楽しんでいただけたらと思います。今やおなじみとなったオンラインの世界ですが、その中で会話を通して徐々に明らかになっていく恋愛関係や人間性を、エンターテインメントとして面白く見ていただける作品です。 ぜひ、気負わずラフに、最後まで楽しんでご覧ください!」と見どころをアピールした。

 雄二との交際歴は半年。おしゃべり好きの意識高い系女子の会社員・彩を演じた佐津川は「リモート飲みが身近になったり、誰かと共有することが気軽にできるようになったからこそのストーリー展開に、最後までノンストップで読み進めてしまいました」と脚本の面白さを伝え、「久しぶりの現場での撮影、ありがたくうれしく、画面越しにやりたい放題思いっきりお芝居しております。コメディー要素満載ですので、呼吸感が大切になってくると思います。リモートゆえ、つかみにくい部分もあるかと思いましたが、信頼できるキャスト陣との掛け合いがなんとも楽しく、不安は初日にすべて吹き飛びました」と撮影を満喫した様子。そして「ドタバタ盛りだくさんな1時間を堪能していただける作品になるのではないかと思います。この作品をこのチームで、皆さまにお届けできることをうれしく思います」とメッセージを寄せる。

 また、雄二とは最近付き合い始めたばかりの小悪魔な女子大生・マヤを演じた奈緒は、「PC前でのお芝居がどんなふうにこの作品に溶け込むのか、とてもワクワクしています。今現場で新しい挑戦ができる幸せをかみ締めたいです」と、期待を持って撮影に臨んでいる。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.