News ニュース

福山翔大が「七人の秘書」に真面目な内科医役で出演2020/11/04

 テレビ朝日系連続ドラマ「七人の秘書」(木曜午後9:00)の11月5日放送・第3話に、福山翔大がゲスト出演する。

 本作は、目立たないことを極意とし要人に仕える名もなき秘書たちと、その元締めとなる影の男が、副業の人助けで非情な権力者たちを一掃し、理不尽だらけの日本社会を裏で操り変えていく痛快ドラマ。木村文乃、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介が“影の仕事人”に扮(ふん)し、人知れず悪の存在を潰していく。

 福山が演じるのは、パク・サラン(シム)が病院長秘書を務める慶西大学病院で働く実直な内科医・青井慎之助。診察の合間には、優秀なサランに論文の添削をしてもらうなど、日々真面目に仕事に取り組んでいる。そんな中、福山の先輩にあたる次期内科部長候補の三好麻里(松本若菜)が、患者から金銭を受け取ったというあらぬ疑いをかけられ謹慎処分に。息子を出世させたい病院長・西尾忠彦(大和田伸也)の陰謀とにらんだ秘書軍団は、悪事に手を染めている証拠を探し出すため行動を開始する。

 出演が決まった時の気持ちを、福山は「個性あふれる、名だたる皆さんとご一緒できてとてもうれしいです。それぞれ何かを抱えながら、チームとして裏でミッションをこなしていく秘書の皆さんと自分が、どう関わっていくのかがとても楽しみです。……と同時に緊張で身の引き締まる思いです」とコメント。

 また、内科医である青井を演じるにあたり「彼は医師としても人間としても、とても真っすぐな男だなと感じました」と印象を述べ、「真っすぐな青井ならではのチャーミングさもあるので、丁寧に演じました。病院長である大和田伸也さんや病院長秘書のシム・ウンギョンさんとの掛け合いでは、お二人の空気感を崩さず、若手内科医としてのフレッシュさも出せるよう挑みました」と笑顔で明かした。

 そして「病院内で起こっている問題は、現代社会においてどこででも起こりうることだと思います。そして、まだ青井のような立場であったり、複雑な思いを抱いている人が多いのではないかとも思います。そういった大学病院内で起きた理不尽な問題に屈せず立ち向かっていきます! サランさんが放つセリフがとても爽快で、物語もどんどん加速していきます。クスッと笑えるところもありますし、傍観者だった青井が自ら声を上げる瞬間にも、ぜひ注目していただけたらうれしいです」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.