News ニュース

ほのかりんが「30禁」で自身初のドラマ主題歌書き下ろしに挑戦2020/08/28

 ほのかりんが、9月15日に配信がスタートするFOD連続ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」の主題歌「おまじない」を書き下ろす。畑亜希美氏の原作漫画を全巻読んで、主人公の心理と情景を思い浮かべながら、ほのかりんが自身初のドラマ主題歌の書き下ろしにチャレンジ。女心の“切なさ”をテーマにどこか懐かしい、1980年代の歌謡ポップスを彷彿とさせる、ほのかりん特有のサウンドに仕上がった。

 ドラマは、結婚を意識し始めた30歳の主人公・森山志乃(松井玲奈)が、大人として理性や現実に迫られながらも理想の恋を追いかける姿を描く。志乃の恋の相手・佐藤真雪を鈴木仁が演じる。

 ほのかりんは「作詞するにあたって、原作を読んだ時“どうしよう!?”って思いました。私、年下の男の子と恋愛したことない。もうそこからリサーチ三昧でした。周りのお姉さま方に聞いたり、年下彼氏さんに会わせていただいたり」と下調べをしかりして挑んだとのこと。最終的には「私が『30禁』の主人公の森山志乃と同じように、年齢の違いを気にしすぎているなあと気付いた時、スラスラ書けるようになったんです。ぜひ作品と一緒に『おまじない』の歌詞を楽しんでほしいです!」とアピールしている。

 さらに、追加キャストも発表され、志乃の同期で、常に志乃の乾いた男性事情を気にしている金子聡子を森矢カンナ、真雪が働く「今井造園」の社長の娘で、真雪のことが気になっている今井恵菜を出口夏希、志乃がCMに起用した女優・逢坂美鶴を太田莉菜が、そして、「今井造園」社長・今井辰蔵をおかやまはじめ、志乃のお見合い相手・河合健人を福士誠治が演じることが明らかになった。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.