News ニュース

「24時間テレビ43」武田真治がおうちQTubeで“旬な俳優にはやらせない”種目に挑戦!?2020/08/23

 現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

 今回の放送では同系バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」の人気コーナー“ロッチ中岡のQTube”の特別編として、「おうちでできるギネス世界記録」に芸能人やアスリートたちが挑戦。第4弾は武田真治が「1分間ブーブークッション座り」に挑んだ。

 ルールは椅子に並べられたブーブークッションを移動しながらお尻で鳴らしていき、音が鳴った個数を数えていくチャレンジで、これまでの記録は84個。鳴らない場合はノーカウントになってしまう。この種目への挑戦を告げられた武田は「旬な俳優さんにはやらせないやつだよね(笑)」と不満げ。さらに、1分間スクワットのような上下運動を続けなければならず、練習では「ほかの種目に変えて」とその過酷さを嘆いていた。特訓を重ねると、クッションを座面の手前の方に置く作戦を発案。

 迎えた本番には、その前に行われた「1分間バドミントンシャトル箸キャッチ」で見事ギネス記録を達成していた元バレーボール選手・狩野舞子と、そのトスを担当したバドミントン・藤井瑞希選手も応援に駆けつけた。武田は「今年は芸能生活30周年で結婚もできたので、目標100個、頑張ります!」の意気込みの声を上げてスタートした。

 挑戦の結果、手元の速報記録は85個で、判定次第では微妙なところ。挑戦を終えた武田は「100以上いったでしょ? もしかしたら、私のブーブーも鳴ってしまったかもしれません」と達成感とともにユーモアを見せた。判定員が認定した公式記録は、なんと103個。文句なしの記録達成となった。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.