News ニュース

LINEマンガ×ABCテレビ共同開発「3Bの恋人」で馬場ふみかが主演!2020/08/06

 LINEマンガとABCテレビのオリジナル原作共同開発プロジェクトによるLINEマンガ「3Bの恋人」。8月12日に同作の単行本第1巻が発売される。さらに、馬場ふみか主演による連続ドラマが、2021年1月期にABCテレビでスタートすることが分かった(開始日未定)。

 「3Bは彼氏にしてはいけない!」というのは、恋する女性たちの常識。「3B」とは、美容師・バンドマン・バーテンダーのことを指す。同作は、男性を信用できない主人公と「3B」たちの危険な恋を描くオリジナルドラマだ。

 トリマーとして働く小林はる(馬場)は、結婚式のドレス試着のまさにその日、2年間付き合っていた彼氏がまさかの既婚者で、しかも子持ちだったと知り、恋愛に憶病になっていた。そんな時、常連のマダムから「はるちゃん、今モテ期に入ってるわよ。この3カ月が勝負ね」と予言される。

 その直後、犬を連れて若い男性が来店。美容師・慎太郎との出会いで、会話が弾み、仲良くなる。そして、仕事終わりに「どうせ暇でしょ」と職場の先輩・麻美に誘われ、あるBarへ。ボーカルがイケメンで最近人気急上昇中のバンド・Beyond Brooklynのミュージックビデオを麻美と見ていると、「俺のファンなの?」とバンドマンのユウ本人が目の前に現れる。その後、バーで酔いつぶれてしまった麻美が不意にグラスを倒してしまい、はるが慌てているとバーテンダーのヨシがさっとやって来る。これが絶対に付き合ってはいけない、「3B」との運命の出会いだった…!?

 馬場は「付き合ってはいけない『3B』と一緒に暮らしていくお話ということで、どんな生活になるんだろうと、とてもわくわくしました」と出演が決まった時の気持ちを明かし、「とにかくそれぞれのキャラクターが個性的で、それに振り回されながら一喜一憂する、はるちゃんの姿がとてもポップに描かれていて、一気に読んでしまいました」と原作の魅力を語っている。

 ドラマを手掛ける瀧悠輔監督は「『3B』は、いとおしい。人間は、不完全なくらいがいとおしい。でもクズにひかれてしまう人間もまたいびつな形をしていて、とてもいとおしい。『3Bの恋人』はそんなドラマにしたいと思っています。『神々しい』馬場さんの姿をぜひ見ていただけたらと思って絶賛撮影中です。おい! 今日も雨かよ!( *`ω´)」と意気込みを明かしている。

 原作者・横山もよ氏は「ドラマ化とても楽しみです! 私も漫画として携わらせていただけることをとても光栄に思います。ありがとうございます…! 『3Bの恋人』はドラマと漫画でそれぞれ違った展開を見せていきます。一視聴者として、私もドラマの中で実際に動くはるや3Bの面々が見られることを楽しみにしていますし、それと同時にドラマから『3Bの恋人』に興味をもってくださった方が、漫画も読んで面白いと思っていただけるよう、私もより一層頑張りたいと思います」と期待を寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.