News ニュース

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催2024/02/09

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

 1年を通じて映画・テレビ界で活躍したプロデューサーや将来有望の俳優を表彰する「2024年 エランドール賞」授賞式が、2月8日に都内ホテルで開催された。

 出演した作品の中で、新鮮かつ優秀な演技を示した俳優に贈られる新人賞には、磯村勇斗今田美桜眞栄田郷敦小芝風花目黒蓮堀田真由の6人が選ばれ、副賞として、「TVガイド」を発行する東京ニュース通信社から銀製の写真立てが贈られた。かつて、石原裕次郎高倉健も受賞した栄誉ある賞の受賞に、綾野剛吉田羊鈴木亮平北村一輝川口春奈福士蒼汰と豪華ゲストたちもお祝いに駆けつけ、会場を大いに盛り上げた。

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

 新人賞・TVガイド賞を受賞した6人は、それぞれスピーチで喜びと感謝の言葉を述べた。

◆磯村勇斗

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

「昨年はドラマ、映画とたくさんの作品に携わることができました。ここまで来るのに周りの人たちに支えていただきながら、この場に立てているんだなと考えると、人との出会いを大切にしていかなきゃと、あらためて実感しました。すごい巡り合わせで助けてもらってきたことを返していけるよう、努力を惜しまず頑張っていきたいと思います」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

綾野剛 [映画「最後まで行く」で共演] 
「あなたの飽くなき姿勢と一時も諦めない精神力、何より見てくださる皆さんの心を震わせるお芝居は、勇斗の作品に対する愛と、圧倒的な努力が生んだと心から思っています。どんな立派な靴を用意されても、きっと勇斗はこれからも裸足で走ることを選択するのだと思っています。心が動くまでお芝居を続けるんだという気持ちを、僕たちは心があるじゃないかと、僕はあなたから学びました。敬意と敬愛と感謝を込めて」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

◆今田美桜

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

「まさか自分がこのような名誉ある賞をいただけると思ってもみなかったので、うれしいですし、驚いています。昨年はたくさんの作品、共演者、スタッフの皆さまと出会って、あらためて振り返ると、愛ある皆さまに支えていただきながら、作品に参加していたんだなと思います。まだまだ未熟ではありますが、自分のできることと役に丁寧に向き合いながら、作品に携わっていけたらと思います」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

吉田羊 [連続ドラマ「ラストマン-全盲の捜査官-」(TBS系)で共演] 
「同じ福岡出身ということもあり、親戚の子の活躍を見守るような親密さを感じていました。昨年ドラマで初めてご一緒した時に、主人公・福山雅治さんを追いかけるシーンで派手にすっ転び、足を引きずりながらも『全然大丈夫です』と笑顔で気遣いを見せ、この方が本当に多くの方に愛されて、多方面で必要とされる理由は、この人間力とひたむきさだなと感じました。最後に、美桜ちゃんが歌う中島みゆきさんの『悪女』、最高です!」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

◆眞栄田郷敦

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

「正解のない表現の世界で、こうやって形として評価いただけることはすごくうれしいしですし、自信になります。またこういう場に立たせていただけるように、これからも作品に丁寧に向き合っていきたいなと思っております。精進していきます」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

鈴木亮平 [連続ドラマ「エルピス―希望、あるいは災い―」(フジテレビ系)]で共演 
「『エルピス』の現場では筋トレの話しかしてなかったんですけれど、現場でご一緒しても、出来上がった作品を見ても、なんて素晴らしい俳優さんで、なんて可能性に満ちあふれているんだろうと思っていました。すべてにおいて、彼には明るい未来しかないんじゃないかなと信じて、今も出ている作品を楽しみに見ています。自分の輝ける才能を出し惜しみすることなく、黄金の飛翔を続けていってもらいたいと思います」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

◆小芝風花

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

「このような歴史ある素晴らしい賞をいただけて、本当にうれしく思っています。昨年は幅広い役を演じさせていただいて、自分の中でも学びの多い1年だったと感じていたので、このような賞をいただけて本当にうれしく思います。いろんな役に出合わせてくださった関係者の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。この賞に恥じないように、今後も活躍できるよう頑張っていきたいと思います」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

北村一輝 [連続ドラマ「波よ聞いてくれ」(テレビ朝日系)で共演] 
「エランドール賞…これ、誰かがエランドール(選んどる)んですかね? マシンガントークのセリフが多い中、ほとんどNGも出さず最後までやり切った集中力と、空いてる時間に現場で見せた、スタッフに愛される気遣い。その二つがあって本当にいい女優さんだなと。僕も勉強になりました」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

◆目黒蓮

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

「これまでにたくさんの受賞者の方々が積み上げてきた、名誉ある、歴史ある賞を受賞できたことが本当にうれしく思っています。たくさんのスタッフの皆さん、共演者の皆さん、何より作品を愛してくださった皆さまに支えられてここまで来られたと思うので、すべての方に感謝しています。これからも見てくださる方の、人の気持ちを動かすことができるような、真っすぐなお芝居ができるようにまい進していきたいと思います」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

川口春奈 [連続ドラマ「silent」(フジテレビ系)で共演] 
「ひたむきに、ストイックに役や作品に向き合う姿、忙しい毎日でもぶれない強い心(しん)を持っている姿を近くで見ていて、刺激的でまぶしかったです。約4カ月間、『silent』というチャレンジした作品で、一緒に走りきれた戦友だと思っています。これからもいろんなことにチャレンジする目黒蓮を見たいと思っています」

◆堀田真由

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

「これまで私が携わった作品や活動を評価していただいて、うれしい気持ちでいっぱいです。これまでは『お芝居が好き』という気持ちがいつもそばにあったのですが、昨年は『お芝居って楽しいな』と思える瞬間がたくさんありました。自分が好きなことを全うさせていただけるのは、自分1人だけではなく、スタッフの皆さん、共演者の皆さん、ファンの皆さん、そして一番に私の活動を応援してくれている家族のおかげだと思っています。この賞が役者としての励みになりますし、皆さんへの恩返しになっていればうれしいです」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催

福士蒼汰 [連続ドラマ「大奥」(NHK総合ほか)で共演] 
「徳川家光という難しいという役柄で、難しい壁に何回もぶつかったことがありました。一緒に話し合って、作品、魅力的な人物像を作っていく彼女をそばで見ていて、『お芝居が好きなんだな』というのがすごく伝わりました。今後も素晴らしい作品をどんどん残してくれるんだろうなという期待感でいっぱいです」

磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、小芝風花、目黒蓮、堀田真由が新人賞・TVガイド賞に!「2024年 エランドール賞」授賞式が開催
◆エランドール賞

1956年にスタートした、一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会が主催する、1年を通じて映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する制度。

◆新人賞・TVガイド賞  

エランドール賞の表彰の一つで、1年を通して最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる賞。1956年の第1回では石原裕次郎、高倉健などが選ばれており、その歴史や伝統の重みから、業界の数ある賞の中でも最も権威あるものの一つとなっている。新人賞の受賞者には、副賞として、「TVガイド」を発行する東京ニュース通信社から「TVガイド賞」として銀製の写真立てが贈られている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.