News ニュース

「2023年 エランドール賞」授賞式が開催! 中川大志、芦田愛菜、松下洸平、岸井ゆきの、間宮祥太朗、奈緒が新人賞・TVガイド賞に2023/02/03

2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞/授賞式:中川大志、芦田愛菜、松下洸平、岸井ゆきの、間宮祥太朗、奈緒

 1年を通じ映画・テレビ界で活躍したプロデューサーや将来有望の俳優を表彰する「2023年 エランドール賞」授賞式が、2月2日に都内ホテルで開催された。

 出演した作品の中で、新鮮かつ優秀な演技を示した俳優に贈られる新人賞には、中川大志芦田愛菜松下洸平岸井ゆきの間宮祥太朗奈緒の6人が選ばれ、副賞として、「TVガイド」を発行する東京ニュース通信社から銀製の写真立てが贈られた。かつて、石原裕次郎高倉健も受賞した栄誉ある賞の受賞に、宮本信子井浦新菊池亜希子野島伸司氏ら豪華ゲストたちもお祝いに駆けつけ、会場を大いに盛り上げた。

中川大志/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

 新人賞のトップバッターには、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK総合ほか)、「オールドルーキー」(TBS系)などで好演が光った中川が緊張の面持ちで登壇。「小栗旬さん、綾野剛さんと、僕が子どもの時から第一線で活躍している先輩方の背中を見て、もっともっと頑張らないといけないなと、そして自分たちも次の世代に憧れられる先輩になっていけたらなと思っています」と今後の抱負を語った。

プレゼンター:小栗旬&中川大志/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

 すると、サプライズゲストとして小栗が花束を手に登場。「中川くんが子どもの頃から活躍している、小栗旬でございます」とユーモアを交えたあいさつに、中川の顔もほころんだ。しかし、「20分くらい(授賞式が)押しているのでこのくらいで(笑)」と早々に退場しようとする小栗に、中川が「いやいやもうちょっと…」と引き留めるハプニングも。マイクの前に戻った小栗は、「すべての俳優陣に負けずに果敢にチャレンジしていく畠山重忠の姿が、役者・中川大志という姿に重なり、本当に素晴らしい俳優さんだなといつも思いました。この賞を機に、もっともっと素晴らしい俳優になっていってもらえたらなと思います」と祝辞を送った。

プレゼンター:満島真之介&間宮祥太朗/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

 また、間宮のお祝いには、「ナンバMG5」(フジテレビ系)で共演した満島真之介が駆けつけ、“兄ちゃん”の登場に、“授賞式モード”を忘れた間宮は「おー!」「マジか!?」と驚きながら、思わぬ再会に2人は何度もハグを交わし、受賞の喜びを分かち合った。新人賞・TVガイド賞を受賞した6人は、それぞれスピーチで喜びと感謝の言葉を述べた。

◆中川大志

中川大志/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

「まさか自分がこの場所に立つ日が来るとは思ってもおりませんでした。歴史あるこの賞をいただけて本当にうれしいです。昨年は、『鎌倉殿の13人』『オールドルーキー』と、周りから反響をたくさんいただきまして、『畠山重忠、見てるよ。応援しているよ』という言葉をいただき、ものすごく濃い1年になりました。そして、小栗旬さん、綾野剛さんと、僕が子どもの時から第一線で活躍している先輩方が、作品をよくするために、そして、作品作りの現場をよくするため、諦めずに戦っている姿を見て、もっともっと頑張らないといけないなと、そして、自分たちも次の世代に憧れられる先輩になっていけたらなと思っています。引き続き、頑張ります」

◆芦田愛菜

芦田愛菜/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

「私が一番最初に大きな作品に参加させていただいた『Mother』(日本テレビ系)というドラマの時は、監督や助監督さんに叱られてばかりの毎日だったのですが、そんな『Mother』という作品にお芝居との向き合い方を教えてもらって、今日まで続けて来られたような気がしています。これからも、お芝居が好きだという純粋な気持ちを忘れずに、役と真摯(しんし)に向き合って、そして、映画やドラマを見てくださった皆さんに、私が演じた役の子が、きっとこの世界のどこかに生きているんじゃないかって思っていただけるようなお芝居をできるように、邁進してまいります。この賞は、きっとこれからの私の糧になると思います。このたびは本当にありがとうございました」

芦田愛菜/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞
プレゼンター:宮本信子&芦田愛菜/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

◆松下洸平

松下洸平/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

「本日は、名誉ある賞をいただき誠にありがとうございます。新人賞というのは、一生に一度しかいただけない賞だと思います。このようにいただけたことを非常にうれしく思っております。十数年前に舞台でデビューし、そこから10年間舞台を続けてまいりました。悔しい思いもたくさんありました。それでも、作品に声をかけてくださった多くの方々、多くの作品のおかげで、今の自分があると思います。こういった賞をいただいたことをきっかけに、近年の作品だけではなくて、過去の自分にもこのトロフィーを見せたいなと思います。僕は映像の世界でも未知な部分がたくさんありますし、これからだと思っております。多くの作品で、多くの方々と出会えるように精進してまいります」

松下洸平/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞
プレゼンター:井浦新&松下洸平/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

◆岸井ゆきの

岸井ゆきの/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

「このたびはこのようなすてきな賞をありがとうございます。『恋せぬふたり』(NHK総合)では、自分も他人も人生も決めつけないということ、自分はこういう人間だからと自分を縛りつけずに、一つ一つ選択をしていくことで、変わっていくことも、変わらないでいることもできる、そんなラストでした。この作品でそういう考えを受け取って、アイデアだけで豊かになれる、また豊かさは人から人に伝播して、周りに影響を与えることができるんじゃないかと感じました。昨年は、さまざまな毛色の作品に出合うことができて、とても充実した日々を過ごすことができました。これからも日々の学びを忘れずに、すてきな作品に出合えるように、頑張っていきたいと思います」

岸井ゆきの/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞
プレゼンター:菊池亜希子&岸井ゆきの/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

◆間宮祥太朗

間宮祥太朗/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

「このたびは、このようなすてきな賞をいただき、大変うれしく思っております。15歳で今の事務所に入り、そこから15年間。マネジャーも一度も変わることなくこの仕事をやってきました。箸にも棒にも掛からなかった時から一生懸命に営業してくださって、今自分がここに立っていると思います。まずは、一番身近な人としてマネジャーに感謝をしたいと思います。マネジャーの人脈もあって、いろいろな現場に顔を出すことができるようになって、そこで出会ったさまざまな方々との縁がつながって、今ここに立てていると思います。現場では、出会って、別れて、また出会ってというその繰り返しがすごく刺激的で、楽しい仕事だなと思います。ありがとうございました」

間宮祥太朗/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

◆奈緒

奈緒/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞

「私は、どちらかというと何でも器用にできる方ではないのですが、私のことを受け入れてくださった、すべての作品に感謝します。昨年出合った作品も大好きで、そんな大好きな作品に、このような場所に連れて来てもらって本当に幸せです。『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』『ファーストペンギン!』(ともに日本テレビ系)は制作チームが同じで、現場ではうれしい再会をさせていただきました。お芝居を続けていれば、こうやって仲間とまた再会ができるかもしれない、という喜びを教えていただいた1年でした。今日のようなすてきな登壇者の皆さまと、このような賞をいただけたこと、本当に心から感謝しています。ありがとうございました」

奈緒/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞
プレゼンター:野島伸司&奈緒/2023年「エランドール賞」新人賞・TVガイド賞
◆エランドール賞

1956年にスタートした、一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会が主催する、1年を通じて映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する制度。

◆新人賞・TVガイド賞  

エランドール賞の表彰の一つで、1年を通して最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる賞。1956年の第1回では石原裕次郎、高倉健などが選ばれており、その歴史や伝統の重みから、業界の数ある賞の中でも最も権威あるものの一つとなっている。新人賞の受賞者には、副賞として、「TVガイド」を発行する東京ニュース通信社から「TVガイド賞」として銀製の写真立てが贈られている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.