News ニュース

松本まりかが「竜の道」で高橋一生と仕組まれた恋に落ちる。「悪女の本性に心がザワッとしてくだされば本望」2020/03/18

 玉木宏と高橋一生が兄弟役で共演する、フジテレビ系連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)に、松本まりか、奈緒、今野浩喜、渡辺邦斗が出演する。

 同ドラマは、養父母を死に追いやった敵への復讐(ふくしゅう)を誓った双子の兄弟の姿を描くサスペンス。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木、竜一の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を高橋が演じる。

 松本が扮(ふん)するのは、竜一と竜二にとっての復讐相手・霧島源平(遠藤憲一)の娘・霧島まゆみ。大手運送会社「キリシマ急便」の社長令嬢として裕福な家庭で育ったまゆみは、フードコーディネーターとして注目されることで承認欲求を満たしつつ、派手な私生活を送り、周囲に対して尊大な態度を取るわがままな女性。源平譲りのずるさも併せ持っており、何事も自分の思い通りに進まないと気が済まないというキャラクターだ。

 物語が進むにつれて、次第に竜二がまゆみに接近していくが、それは双子の復讐計画の一環で、いわば仕組まれた恋。復讐のため策略を巡らせる竜二と、一筋縄ではいかないまゆみの関係は予測不能の展開を見せ、まゆみの思わぬ本性があらわになっていく。

 松本は「2人の復讐劇によってもたらされるさまざまな登場人物たちの“人生の転機”が深く描かれていて、それぞれの登場人物たちの、そのかけがえのない瞬間を、人生における宝を獲得していく瞬間を目の当たりにできる作品です」と作品の魅力を紹介し、演じる真弓については「こんなにも大きな宝と興奮をもたらしてくれたこの悪女の本性に、皆さまの心がザワッとしてくだされば本望です」とアピール。

 一方、奈緒が演じるのは、竜一が携わるグレーな仕事をサポートするITのプロ・遠山凛子。竜一を一番近くで支えながらも謎に包まれた“笑わない女”だ。頭脳明晰(めいせき)だが、常に冷静かつ無表情で仕事をこなし、報酬さえもらえればハッキングなど違法なことでもやるというスタンスで、竜一の正体は知らないが、奇妙な信頼関係を築いている。

 奈緒は「復讐というとても強い目標に向かう竜一と竜二がどこにたどり着くのか、目が離せない作品だと思いました。そしてこれから“2人の過去を知らない人”“過去を知る人”が入り交じって起きる変化も楽しみです」と期待を寄せる。

 また、今野は、竜一が出会う人当たりがよくお調子者の砂川林太郎、渡辺は「キリシマ急便」で、源平の秘書を務める大友由伸を演じる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.