News ニュース

玉木宏&高橋一生が初タッグ。「竜の道 二つの顔の復讐者」で双子の兄弟に2020/02/27

 玉木宏が、4月14日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)で、高橋一生と初共演。双子の兄弟を演じることが分かった。

 玉木にとって40代初主演となる今作は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描くサスペンスドラマ。2015年に急逝した白川道の未完の同名小説を原作に、復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木、竜一の双子の弟で運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚・竜二を高橋が演じる。

 玉木は「非常にダーティーでチャレンジングな作品だなと思いました。それをテレビドラマでできる喜びと期待感があります。登場人物も単純に悪い人たちではなく、根底にある強い思いに突き動かされているというところにすごく魅力を感じています」と意気軒高。

 高橋とは初共演だが「劇中で『汚いことは俺がやる』といった竜一の言葉があるように、それぞれのやるべきことをまっとうする意識を持って芝居に臨みたいと思います。具体的には、高橋さんと実際お芝居を合わせてみて、こう出てくるんだなということを体感しながら作り上げていけたら」と初タグに期待する。

 高橋は「過去が深く関わってくる物語で、現在とのつながりに重点を置いたお芝居になるのがとても楽しみです。まずは恨みでしか成就できない何かを信じてしまっている竜一と竜二の気持ちをしっかりと理解していかなくてはいけない」と気合十分。初共演の玉木には「自分が感じた玉木さんの動きや話し方といった居住まいを、お芝居に生かしていきたいと思います」と話している。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.