News ニュース

松本穂香が「竜の道」に出演。玉木宏&高橋一生の愛する妹に2020/03/06

 フジテレビ系連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)に、松本穂香が出演することが分かった。

 同ドラマは、養父母を自殺に追いやった運送会社社長への復讐(ふくしゅう)を誓った双子の兄弟の姿を描くサスペンス。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公、兄・竜一を玉木宏、その双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚になった竜二を高橋一生が演じる。

 松本が演じるのは、竜一と竜二が養子として引き取られた吉江家に誕生した血のつながりのない妹・吉江美佐。両親が自殺した5歳当時の記憶は残っておらず、事故死と教えられてきた。その後は2人の兄と共にささやかに暮らしてきたが、美佐が12歳の時に双子の復讐計画が始動する。

 美佐は、竜一が亡くなったものと思い込んでおり、焼死に見せかけて他人の戸籍を奪い、整形して別人になり替わったことは知らない。再び家族を失った悲しみを抱えることになった美佐は、国土交通省の官僚となった竜二のサポートを受けながら、大学へ進学。卒業後は小学校教師の道に進む。竜二は成長した美佐に、いつしか妹以上の感情を抱くようになる。

 松本は演じる美佐について、「複雑な環境で育つなかで、強くならざるを得ない人生を歩んできた女性だと思います。なので、優しいけれど弱くはない、優しくて心(しん)が強い女性ということは、意識して演じていきたいなと思います」と役作りに気合十分。

 また、玉木宏や高橋との共演には「とにかくお二人とも役への入り込み方がすごいという印象があります。私としては、余計なことは考えず、ただ妹として竜一と竜二のことを、兄として愛することで美佐という役を作っていけたら」と意気込んでいる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.