News ニュース

生田斗真が宮藤官九郎脚本ドラマでお笑い芸人に!“45分間、ほぼ一人芝居”によるノンストップ・ホラー2020/07/16

 NHK総合では、宮藤官九郎脚本、生田斗真主演による特集ドラマ「JOKE~2022パニック配信!」を8月10日(午後10:00)に放送する。

 同作は、ポストコロナの近未来を舞台に、突如、劇場型犯罪のショーに巻き込まれたお笑い芸人の姿を描く、宮藤官九郎脚本によるノンストップ・ホラー。45分間ノンストップで生配信されるネット番組「俺んちチャンネル」の映像をベースに、視聴者のコメントと電話の声のみで物語は展開。主人公“たった1人”の恐怖の時間を、これまでに類をみないスタイルで描く宮藤の挑戦作だ。

 本作で生田が演じるのは、不祥事を機に漫才コンビを解消し、テレビ番組すべてを降板。自ら“STAY HOME”を選択したお笑い芸人・沢井竜一。AIロボットを相方にして、大喜利番組をネット配信し再起を図るが、生配信中にかかってきた1本の電話から事態は急変。突如として劇場型犯罪のショーに巻き込まれていくというキャラクター。

 生田は「今年予定していた作品が軒並み延期になってしまい、ニート生活が始まって3カ月が経とうとしていた頃、楽しいたくらみにお声がけいただきました。NHK、そして宮藤官九郎の悪だくみに乗った!」と撮影を心待ちにしている。

 漫才コンビ・俺んちのボケ担当・沢井は、不祥事を起こしてレギュラー番組を降板。相方とも絶縁し、自宅に引きこもっていた。AIロボットに頼めば食事の注文から掃除まで何でもやってくれるだけでなく、AIが沢井のボケを学習し、ネット生配信の大喜利番組「俺んちチャンネル」では相方を務めるまでに成長。大満足の沢井だったが、その生配信中にかかってきた奇妙な電話のせいで、とんでもない事件に巻き込まれていく。沢井とその家族に迫る魔の手、番組は無事終了できるのか? そして、犯人は誰なのか!?

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.