News ニュース

菅田将暉が「MIU404」に“素性の知れない男”で参戦! 第4話には美村里江がゲスト出演2020/07/13

 菅田将暉が、綾野剛と星野源がダブル主演を務める、TBS系連続ドラマ「MIU404(ミュウヨンマルヨン)」(金曜午後10:00)の7月10日放送・第3話に登場。今後レギュラー出演することが分かった。

 ドラマは、野木亜紀子氏のオリジナル脚本で、警察内部で“何でも屋”とやゆされながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナル・機動捜査隊(通称・機捜)が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す物語。機動力と運動神経はピカイチだが、刑事の常識に欠ける“野生のバカ”伊吹藍(綾野)と、観察眼に優れた理性的な刑事・志摩一未(星野)がバディとして事件を解決していく姿が描かれる。

 今回、菅田が演じるのは、素性の知れない男。第3話でバシリカ高校の元陸上部員が関与したドラック事件と、イタズラ通報を繰り返していた陸上部員だった成川岳(鈴鹿央士)に関わる重要な役どころになっている。また、成川も今後のストーリーに深く関わっていく重要な人物。2人は物語にどう加わっていくのか。注目が集まる。

 菅田は「この世には”404 not found”が無数に存在しています。見つけられない何か、消された何か、忘れ去られた何か、スッキリ見通しがいい反面、ちょっと気持ち悪い瞬間。皆さまありませんか?」と視聴者に呼びかけ、「人間にとって必要なものが僕にとって必要とは限らない。世の中の事情と僕の事情。善と悪では治められないグレーゾーン。僕が演じるのはそんな男です。どうか、見つかりませんように」と演じる“素性の知れない男”同様に、含みを持たせたコメントで期待感をあおる。

 また、7月17日放送の第4話に、美村里江がゲスト出演することが決定。美村は、2年前に裏カジノに関わり逮捕され、執行猶予が明けてからも身を潜めて暮らしている青池透子役を演じる。第4話のタイトルは「ミリオンダラー・ガール」。このタイトルに込められた意味とは? そして、透子はどんな事件に関わり、4機捜のメンバーとはどう交わることになるのか。

 今回の出演について美村は、「何よりまず野木さんの脚本作品に出られるということで、ご依頼が大変うれしかったです。そしていざ脚本を読むと、生き生きとしたセリフを交わすレギュラー登場人物たちの中で、透子はほとんどセリフがなく、しかし内に秘めたものは多く深い。役者としてやりがいのある役を頂戴したなと、再びうれしい思いでした」と喜びを語り、「第4話は透子の“幸せ”の物語です。透子と私は4カ月近く共に過ごしたので、彼女の気持ちを余すところなく代弁したい思いで演じました。彼女の感情に対面した後で、皆さんの心に何か湧いてくるものがあれば幸いです」とメッセージを寄せている。

 第4話では、拳銃使用による殺人未遂事件が発生。被害者は元ホステスの透子で、加害者男性も含め現場から立ち去っていた。通報を受けた伊吹と志摩は、透子が駆け込んだ付近の薬局店へ急行。店主の証言では、透子は店内で銃創の応急処置をした後、大金の入ったスーツケースを持って姿を消したという。透子が過去に裏カジノ事件に関与していたことを知る桔梗ゆづる(麻生久美子)の指示で、伊吹と志摩は透子の行方を追う。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.